Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

ヒロットセラピストさんがそうぞうするニーズ

このところ二ヶ所ほどヒロットに行ってみた。
面白かったのは、フィリピンで受けたのと、日本でうけたふたつ、の3種類とも
それぞれ全然違った!こと。
ヒロットはあまり体系化されてないから、

いろんなヒロットがある。
それ自体がハロハロでヒロットらしさなんだなー
ドライのもあるのだな。

ココナッツオイル、必須と思ってたけど。

 

体系化されてない背景は、

メディカルヒロットは、ヒロットの血を引いた人しかできないから。

ただ、普及させるためには体系だてる必要あるので、大きめのスクールではアロマ環境協会の人の監修を受けて体系化してるらしい。

これはメディカルよりリラクゼーション向けの印象。

日本での認知度はまだ高くないが、

たかのゆりさんのとこで導入してるらしい。

そこのコンセプトが世界中の美容を取り入れる、だからなんだとか。

 

個人的には、日本で受けた二つとも、

正直あまりピンとこなかった、、
今は求めてないのかな。
学ぶなら早いのがいいって、

そりゃ教える人からしたら生徒ほしいからそうなんだろうけど。
学び始めるのが遅かったら、

先生より生徒が年上になって聞きづらいって言われてたけど、ほんとかなー?

 

私自身はリフレが好きだけど、

ちいさなサロンにトリートメント受けにくる人は、
脚だけより背中もカバーできる方が需要あるとのこと。

となると、客単価が4、5000くらいになる。
ハンドやフットだと椅子に座ってもらってもできるけど、

寝てもらうほうがリラックス度、満足度高い。なるほどな。

 

セラピストさんとの余談がまた興味深く。
その方(40後半)と、その方のお母さん世代とで、韓国やフィリピンや、外国ルーツの人に対する目線、感覚が全然ちがう。
お母さん世代だと、日本人と結婚する人とっても少なかったのだ、と実際の経験、事例ベースで聞くと心がじんじんした。
世代ギャップ。
その時々のそれぞれの国の政治経済状況が、人の生きる場所、ストーリーを大きく変えるよなぁ。
それは自分自身もそうなのだろうね。

 

さて。今日もそれなりに動き、ことばにし、ごはんがおいしかった。
ありがとうおつかれさまおやすみなさーい。

 

おまけに

珍しきヒロット本。ちょっと気になる。