Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。

情報が行動を変えるけど、流されないように

どんな情報に触れてるかで行動が変わるって気持ちを今回とても感じている気がする。

記録しておくの大切かも。

●2月末にインドに行った。とある相談スタッフ(わりとご高齢、持病あり)は3月頭に帰ってきた私を、職場に入るな、と言っていたらしく、結構凹んだ。他の人は概ね、無事に行って帰ってこれて良かったね、という反応だったけど。

 

●3月上旬の厚労省の情報だと、

この2週間が大事だ、ピークの山を下げる。月末には収束の見込みだ、と言って、

学校が休みになった。

うちの働いてる施設も、

3/4-14まで休館に。

それが伸びて、月末までになり。

 (その後、4/6に、県の方針が8/31まで公共施設おやすみに。なぜ8月なのかは謎…)

マスクがなくなり、

トイレットペーパー中国から供給されなくなると噂が流れ。

 

●3/25

小池知事の今週末土日外出自粛要請会見見てたら夜ふかししてしまった。

五輪延期決まってから患者数増えた説とか流れて、何を信じていいか分からなくなる。

インドは21日間軟禁(ロックダウン)

 

●3/26

神奈川、黒岩知事からも外出自粛。

がんばれコロナファイターズ…

医療従事者への感謝は大切だと思うが、

ステッカーより必要なものあるやろ。

 

イギリスのClap for NHSは、NHSからthat was emotional❤️というツイートが出てて好意的に受け止められてるようだ。

変なお金の使い方はしてないから、なのかな?

 

●3/27

友達もテレワークの子もいて、

インドとかアメリカとか見てると、

なんで出勤してるんやろ…と思えたりする。

上司に、私達もそのうち会社来れなくなるかもしれませんね〜なんだか他の国と温度差感じます、と言ったら、

それは死者数とか感染者数とか状況違うんだから、と言われた。

(上司も色々対応あって余裕ないのかも)

 

●4/一週目

ケース会議や採用面接がオンラインに。ばたつく。

先週まで上司はオンライン面接否定的やったのに急に翻意したりしていらいらする。

採用したスタッフの研修は色々あって延期することに。その意思決定もばたばた。まぁもう仕方ないよね。

休館はこのくらいのときに8/31までになったんだっけ…県の方針により。

 (4/6に公共施設8月末の話が。もうこの頃からすでに混乱して疲れてる)

 

●4/7

国は4月7日に緊急事態宣言出す。県が4月8日(水) に方針決まって、決まった対応9日(木)から適応...焦らずやろう。いろんな気持ち湧くのはナチュラルだ。否定しなくていいのだ。
 面談相談の受付をやめて、電話のみに切り替えた。

相談スタッフの意見は色々。面談やるべきだと言う人もいれば、我々は出勤なのか、ということを暗にいう人も。出勤できないという人も現れはじめる。

 このころ床張りに行こうと思っていたけど辞退。不要不急ってなんだろう?と考える。


●4/12あたり

職員も部分的に在宅へ。

 

●4/15

たまたまシフトが休みの日に、

相談スタッフもできるだけ在宅へ切り替えとなる。(根拠不明)

また相談スタッフによって意見が割れる。

(スムーズな合意形成を諦めるようになってきた) 

上が急に決めた感じで論拠がはっきりしない。

 

●4/16

相談窓口ゆえ、電話をつなぐハード面の整備に(前から調べてたものが申込殺到して停止したり、ソフトバンクのグループ通話を検討し、見積もり取り…

 

●4/22

疲れた。在宅勤務

在宅になってるスタッフにメールで意見をヒアリングしたらなんか色々反発意見(と私が感じる内容)が返ってきて、同じ課のひとも見てるけどスルーでひとりで戦ってる気分になって悲しくて苛立つ

 

●4/23

出勤したくなーい。友達にぐちる。スタッフにも元気がないことを表明てきた。夕方にシュークリームくださった(^^) 相談は減っている。広報しないといけないのわかるけど気持ちは追いついていない。でも自分が力抜いちゃったほうが周りが助けてくれるのかも?

在宅になっているスタッフは緊急事態宣言中が在宅となったので、その後どうするかについて上司に投げかけたら"安倍首相に聞いてください"と真顔でいわれた。そもそもそこの調整そっちの仕事じゃないの?と思って苛立つ。相手が大変なのも理解はできるが優しくする余裕はない。

 

日々情報が多すぎて、見てしまうけど疲れるし、かといって各国の数をや日本で打ち出された支援策を日々追えてるわけでもない。

数の出し方だって検査数だって、ホントの数なのかだって、、、

ぬーん。


●4月末くらい

在宅勤務対応のためグループ通話できるモバイルを求めて奔走


 ●5/7職場内での情報共有や意思決定が意味不明過ぎて課内でミーティング

●5/9ミーティングを経ても上司の対応が意味不明すぎて怒りメール発射…


●5/14

緊急事態宣言解除が一部自治体に。

うちのエリアは解除されず。(感染者まだまだ出てるみたいだし…もう感染者の数追うのは個人的には意味を感じなくて辞めた)


●電話転送サービス申込みを必死にする

●飛沫防止のアクリル買うための指示系統がomgな感じに…

●相談スタッフに手とり足取りZoomの使い方を教える日々。


●5/17

いろんな説、政治的な見方、スウェーデンは集団免疫とか見てると、

日本の自粛どうなんや…という気持ちにもなる。ぬーん。

 

●5/19このへんでMS Office 365が導入される。teamsたのしい。


●5/20

緊急事態宣言解除したら在宅スタッフを勤務に戻すと上司からメール。その後、対面相談戻していく方針と。


●5/21

6/9に県の社会施設がオープン(8/31を前倒しする)と件からお達し、という話が朝、上司から。自分としては、冷静に根拠とやるべきことを確認できた。

午後になにやらmt開かれ何か混乱してる様子…



●6/1から6/9から?と混乱してたが結局6/9面談再開、スタッフも出勤再開。


●7/17

ちょっとずつ色んなとこが落ち着いたりオンライン頑張りだしたり対面したりしてきてた一方、感染もふえ(PCR受けやすくなった経緯が追えてない…)

神奈川アラート(自粛要請)でそうとのニュース。

もうお金ないから?前から?結局要請ベースなのだが。

前よりしっかり客観的なデータ見て落ち着いて自分の意見持ちたいと思いつつ、情報に触れるのが疲れる気持ちもある。

飛沫とばなければ大丈夫なのではないのだろうかっ

神奈川新聞より→"知事がアラート発動を宣言。新型コロナ特措法に基づき、県民には感染対策の用心を徹底するとともに、県が進める「感染防止対策取組書」を掲げていない場所には行かないよう要請した。事業者には、テレワークや時差通勤の取り組み、同取組書の掲示などの徹底を求めた。
 アラートは当初、県民に外出自粛を求める内容だったが、知事は措置を改定したことについて、「アラートに外出自粛の言葉があると、緊急事態宣言のインパクトが強く、家から一歩も出たらいけないと誤解されるかもしれない。直前に変更を決めた」と説明した。"...なんだかポリティカルな香り?対策しづらい…組織として考えるけど読みきれなーい😂


同じ情報でも受け止め方違うという面もあるけど…

何が正しいのか、瞬時に"くるっと"変わったり。

戦後ってこんな感じやったのやろか?

 

自分の頭で考えよう、と言ってる某氏でも、

フォローする考え変わってるように見える。

考えを変えることはその場その場の状況に適応していくうえで大切やけど。

 

とにかく…

外側に惑わされず穏やかな内側であれますように。

最後にはなんとかなる、インドだってそうだもの。

やっぱり…のんびり…

無職になりたいのかもしれない?!

休みたい😇

面接はとても良い問いをもらい、

あぁマネージャーさん頭キレる人やなぁ

と思ったけど

わたし

のんびり

生きたいよ。

働かないのは経済的にこわさもあるが、

しばらくのんびりしながらナリワイ開発の続きがいいのでは

というのが今日の気分であった。

あー面接つかれたーおつかれーねるー!

凛とした空気は北インドも

このところの

ひんやりした

凛とした

空気感

北インドの秋を思い出す

あのときの肌感覚

休みの日の朝の

爽やかな気持ち。

 

f:id:jfc_maligaya:20201021101940j:image

頂いたシリーズ

紅玉のアップルパイ。

りんごもりもりたっぷり🍎

爽やかな酸味🍎

 

 

肩の力脱いていけますように

🙏

tracs(不適正検査スカウター)Webテストうけてみた。 ある意味自己分析。  そしてガトーショコラがうまい。

 
tracs(不適正検査スカウターWebテストうけた。 ある意味自己分析。


適性検査、ひさしぶりや…
資質検査:SS
精神分析:SB
定着検査:TT
能力検査:NR

の4つのうちTT以外が指定されてた。


最初にログインだけしてどこのテストが確認しとけばよかった!
とりあえず~という感じで
能力検査の対策、 SPI全体的にやってみて苦手なとこだけフォロー準備してたけど
久々で頭の体操感。。
時間たりんし解き方わすれてるし
(もう10年ぐらいこういうのやってないもんねぇ。。)


能力検査 、、
30分で30問。
問題は全部1ページに収まってスクロールしていくかたち。
後で答えは修正できる。
言語の問題も結構迷ったりことわざ、 慣用句自信なかったりしててヤバイ・・・
普段から使ったり、人に教える機会持ったりしないと、だねぇ。。
(日本語学習者さんとかね。好きな慣用句聞くとか、 自分の国のことわざおしえあいっこするとか。)
あとは文章を読むことかね、、読書足りてない?
というか、とばしちゃってるかも。知らない表現出会っていても。 。


非言語、練習した損益や精算はでなかった… まぁそんなこともありますね。
時間全然たりないわ。残り7分くらいになった時点で、
観念して終わってない問題は適当に選択してから
解けそうな問題にもどりました(**)


 資質検査: SSをやってみて。成長欲求が強いように感じた。
  精神分析:SBをやってみて。。SSとかなり質問重なってる。強迫神経とかっぽいのだそうとしている質問も見受けられつつ。
なんか、健康でいなければいけないプレッシャーも感じるな~(* *)


 


ひとまず無事に受け終わってよかった。
今度また面接なわけですが。
なんかもう行きたいのかわからん気持ちになることもあるし、、
そもそも話してみないとわからんけど、
面接を通して学びあうことを、、面接の場そのものを、楽しもう・ ・・^^
結果は手放そう。(・人・*)  

 

***** Recent feeling of receiving abundance💕

同居人にブラウニー頂いた。

こゆ!うま!強めのブラックコーヒーに合う。レシピ聞きたい…


f:id:jfc_maligaya:20201019171727j:image

***きいてみた。

レシピ
https://www.morinaga.co.jp/recipe/detail/111

意外とシンプル!(以下引用)

 

材料(直径18cm丸型1個分)
 
A:森永ミルクチョコレート …1枚
A:森永小枝チョコレート<ミルク> …約60g
バター …100g
森永純ココア …40g
B:卵黄 …3個分
B:砂糖 …40g
C:卵白 …3個分
C:砂糖 …40g
★ポイント
メレンゲの泡をつぶさない!
1
Aを細かく切ってボウルに入れ、湯せん。
2
【1】がペースト状に溶けたところで、室温で柔らかくしたバターを入れ、混ぜる。
3
【2】に森永純ココア をふるって入れ、さらに混ぜる(固まりやすいので手を休めずに)。
4
Bの材料を合わせ、少し白っぽくなるまで混ぜる。
5
Cの卵白を泡立てて、砂糖を2~3回に分けて入れ、さらに泡立ててメレンゲを作る。
6
【3】に【4:B】と【5:C】を交互に入れ、メレンゲの泡をつぶさないように、さっくり混ぜ込む。
7
型の底と側面にクッキングペーパーを敷き、【6】を流し入れる。
8
【7】を160℃のオーブンに入れて、40分ほど焼き(竹串を刺してみて、中の生地が串につかなければ出来上がり)、冷めてから切り分ける。

 

小枝もゆせんするんや!😳

日本語を一緒に勉強している中での発見…理由を強調する?日本で、インドで…

日本語を一緒に勉強している中での発見…理由を強調する?日本で、インドで…


ビジネス日本語を、勉強していて、
社内ミーティングの表現の中で
「どうして○○かと言うと△△だからだ」というのが出てきた。


例えば、
「どうして海外の企業が日本に進出して来ないかというと、法人税が高いからだ」

 

学習者さんがこれの意味を英語で捉えるとき、
"If we have to say the reason of this, it's because blah blah blah"
ですよね?
と話された.


私は初めはそこまで強い意味はなくって,
単純に理由を説明しているかな...?
と思った。


しかし、やり取りの中で、
この表現を(学習者さんが)普段耳にしたり、自分で使ったりしたことがありますか」と聞いて、
「あんまりない」と言われ。

 

そういえば確かに私も、
単純に理由を説明するのに、
「○○だから△△だ」
っていうことはよくあるが…

 

わざわざ
「どうして○○かというと△△とだから」って言うときは、
理由を…なぜなのかという理由に、

注目して欲しくて👀

注意を引き寄せるために、
この表現を使うなと思い直した。

 

ということは…
やはり学習者さんが出してくださった英訳の方がよりニュアンスを表しているな!!!
と思い勉強になりました💡

 

ちなみにこの表現で、

インド人の英語でも似たような言い方あると思った。

例えば
In this procedure we have to do this.
WHY????
because blah blah blah...

という感じで,
あいだに,
なんでか(というとね?)という表現をよく挟んでくる.
(誰かにwhyと聞かれるのではなく、モノローグで自発的に)

 

そういわれると、
なぜなのか?
という所に惹きつけられる。

 

(もしかしたら私の仕事でよく一緒にしていたインド人がそういう傾向にあっただけかもしれないけれど)


インドの人は、なぜ?という理由を強調するのが上手なのかもしれない。

 

仕事を依頼したり一緒に進めて行く時にもその仕事の目的は何なのか?とか、
私は他にもこの仕事を抱えているからそれはすぐにはできない、とかいう風に
自分よりもジュニアの子からでも、仕事をお願いする時に、交渉のプロセスがあった。


何故なのか?
っていうのを考えて、
合理的に効果的に進めていきたい人たちが、
インドの優秀な層では多いのかもしれない


(もちろん目上の人に気を遣う文化も感じたが。

私がなめられていたのか?!

外国人だから目上の人というより別枠でフラットなのか?)

 

日本にいても、なんとなく流して仕事をやってしまうのではなくって、
目的に立ち返ってできるようにしたい。

あと…
自分の意見を言うときに、
ただ押し付けるではなくて、
戦略的に譲歩してから
メインの主張を述べることをを忘れないようにしたいと思ったのでした…
(戦略的譲歩は中国語でもやるらしい👍)

 

学習者さんは台湾の方で、
私はインドで働いていたわけだが、
それぞれの文脈で中国語だったらこうとか、台湾の会社だったらこう。
インドの会社だったらこうだった、
みたいな話をするのはとても面白い💕

 

結局おもしろいのがだいじやん。笑

 

Very Belly

少し前にベリーダンスのイベントに出させてもらった。

7,8年前に公民館の講座で半年習って、

1年前、? 南インド料理出したときに

食べに来てくださった方が先生で 

人生でやりたいことリストの中に

人前で踊る  があったのと

なんか休み取れるタイミングがあったのだ〜  


f:id:jfc_maligaya:20201017082238j:image

 

楽しかった(^^)

本番はほとんど記憶がない、、笑

 

ヨガが少しずつ深まってるおかげか、

身体を観察しながら練習するのが面白かった

身体を観察のくだりは、

むかしのパートナーでボリウッド趣味で踊ってた人が言っていたことだ。

色々勉強させてもらったのね…🙏

 

他の二人をできるだけ感じながらおどれた、、かな?

体幹とかおなかの使い方はまだまだやなと思うけど

(練習1ヶ月やったしな…)

けっこう満足した😇

 

最初は動きできないし覚えられないし

そもそも見てすぐにそれをやるのが無理なので

ビデオを撮って何回も見た…

むかしの人って見て覚えたんだろうと思うとほんとにすごい

記録に頼りすぎている、現代人…

 

いろんな事情があるなか舞台を用意してくださったみなさんに感謝😇

これでひとつこの世を旅立つ前の心残りが解消した😇

今朝の一句

二度寝して

 三度寝もして 

   まどろみの 中で見た夢、

      すべてが仕事…😂

 

 

ちなみに昨日のしごとのようすは

In the morning a counseling staff vented me her frustration on work n that was tough to listen but i could share that with other people and in the evening she was calm down n showed caring attitude to me. Might have been too much influenced by her emotional remarks but eventually I've done the day kind of peacefully😶💨

 

よく頑張りましたねっ

 

10年前の自分をねぎらうなら?& 10年後の自分が今の自分をねぎらうなら?

 
10年前の自分をねぎらうなら?& 10年後の自分が今の自分をねぎらうなら?

恥ずかしいけど記録してみる。

 

◆10年前の自分をねぎらうなら?‘
2010年…フィリピンに行っていたころだ。 何も分からない中で無茶ぶりもたくさんあったけど頑張っていたな ~。 一方で頑張りすぎないで大丈夫って教えてもらった場所だった。 ボスは怖いと思うこともあったしボスの中の不安定さもあったけど 、愛情のある人だったし、いろいろ自由にやらせてもらったし、 フィリピン人のソーシャルワーカーさんにもとっても助けてもらっ た。自分も他者も人間は多面的で、評価も色々で、 感情もカラフルで、悩むことも多いけど、 不完全な自分がそのまま愛されているって気づかせてもらえた。 自分でよく計画・企画を作っていたと思う。哲学も、 戦略も含めて。すごい頑張り屋さんやわ~。

◆10年後の自分が今の自分をねぎらうなら?
答えが見えなくて、自分の声が聞こえきっていなくて、 うまくいきそうなのに行かない、
コントロール欲求を手放せばいいってわかっているけど委ねきれな いことへの自己嫌悪は
結構しんどいよね~
でもそれも含めて全部大丈夫。 頑張ってどうにかしようとすることから卒業しきれないとうにうに しつつ、
少しずつ人に頼ることを練習しているのはとってもいいかんじ。
何をやっても、何をやらなくても、何を感じても、大丈夫よ。
力を抜いて、って言われて抜き方が分からないときもあるけど、 それも、大丈夫。