Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

辛いだけじゃないインド!キチュリ〜お腹に優しいインド式豆がゆ〜久しぶりに作ってみた  

インドのカレーって何でも辛いの?

と思われるかもですが、

優しいインド料理もあるのです。

キチュリと呼ばれる豆がゆは

体調悪いとき、食べすぎたときなどにぴったり。

豆の優しい味がします。

グジャラートAirbnbで泊まったときにも作ってもらっておいしかった〜

ホストのインド人、それから、もう一人泊まっていたインド人は、インドに住んだことがないインド人。たしか、UAE育ち、当時はカナダの大学に在学中。自分のルーツを求めてインドを旅している途中だった。

食生活の違いからか、 同世代のインド人より、体つきがシュッとしていた。 インドでインド料理を食べるのは初めての彼は、たっぷりのギーをカレーに投入するのを見て、とってもびっくりしているのが、面白く印象的だった。

ということで、懐かしのキチュリ。

 

●材料 お茶碗約5杯ぶん
アルハルダール(トゥルーダルとも呼ばれる)150cc
お米(日本米でもOK、できればバスマティライス)200cc
トマト缶 200グラムくらい(大さじ山盛り5杯)
玉ねぎ半分(お好みで)
クミンシード 小さじ1強
ターメリック小さじ1
(あればコリアンダーパウダー小さじ1)
(あれば生のコリアンダーお好みで)
油 大さじ1(サラダ油でOK)
塩小さじ1
水600-700cc(豆+米の2倍くらい)

 

バスマティライスや豆などはネットでも買えます。

/

●作り方😋  圧力鍋使用で40分ほど
1)アルハルダールを水に漬けておく。2〜3時間ほど。


f:id:jfc_maligaya:20190115132925j:image
米も気持ちだけ漬けておきましたが、仕上がった感じ、特に吸水は不要かと。玄米でやるなら吸水してたほうがよさそうですが。


f:id:jfc_maligaya:20190115132940j:image

2)油を熱し、圧力鍋でスパイスをパチパチ炒める。クミンシード、ターメリック(あればコリアンダーパウダー)
いい香り〜♪が楽しいです。


f:id:jfc_maligaya:20190115132951j:image

3)クミンのパチパチした音が落ち着いてきたら、トマトをいれる。玉ねぎのみじん切りを入れてもよい。よく炒めながら、スパイスと合わせる。


f:id:jfc_maligaya:20190115133002j:image

4)アルハルダールと米と塩を入れて炒め混ぜ合わせる。
(はずだったが、いきなり戻し汁と一緒にどばっと鍋にいれちゃった)


f:id:jfc_maligaya:20190115133020j:image

5)アルハルダールと米を合せた量の2倍くらいの水を入れ、圧力鍋の蓋をする。
6)20分ほど煮る(インド式圧力鍋だとプシューが4-5回)
蒸気が出てくると、バスマティライスの豊かな香りがして幸せな気分。(*´ω`*)


f:id:jfc_maligaya:20190115133033j:image

 

●ポイントや代替方法
炊飯器でお粥モードがあれば、煮るところから炊飯器に任せるのもありだとか。
・普通の鍋で水をお米の3倍ほど加え、ゆっくりことこと煮込むのも可です。

・仕上がりはリゾットくらいのイメージ。もう少し水分多めも私は好きです。

 

●改善点
-鍋1.5リットルのキャパの割に、
豆と米を入れ過ぎた感…まぁ、いいのだけど。
豆100cc米100ccくらいでマックスかな。
もう少し水分多めも好きかも。
-なんか、キチュリ作ったけど、ぱっと見、プラオのようなビリヤニのようなものになった、、?笑 まぁ、なんでもいいです。
-スパイス炒めて蓋してたら若干焦がしてしまった!よく見てましょう…
-トマトなしのタマネギver.もやってみたい。


●参考
インドで作ったときの記録http://1234567.hatenablog.jp/entry/2016/06/10/012925

クックパッドて尊敬しているプラバールさんのレシピ
https://cookpad.com/recipe/1332980