Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

リシケシひとり旅

 

3度目のリシケシ。

初めて、ひとりで。


リシケシから車で40分ほどのデラドゥンにあるNGOに見学に行く予定だったが、
先方の色々でキャンセルとなった。
航空券取ってしまっていたので、
これはお休みが与えられたのだわっってことで、リシケシへ。

同じ場所に何度も行くより、新しい場所を開拓したい派だが、
リシケシは何度でも行きたい。
土日じゃ足りない。もっと何ヶ月もとどまりたい気持ち。


★★★

ガンガーもさることながら、
山も美しいな、感じた。山が好き。


f:id:jfc_maligaya:20161129173809j:image

初めて、アールティ(夕方の川辺でのお祈り)も参加。

創造主は色々、色んな宗教、いろんな道があるけれど、
創造主とのつながりを感じることが大切、
と言ってた。

自分に足りないと思うものについてうにうに考えることもあるが、必要なものは、いわゆるCreatorに与えられているのかも、って、なんか、感じた。
だから、心配することはないのかも。



f:id:jfc_maligaya:20161129173855j:image

★★★

ジャパニーズターリー(ターリー:定食)がある、カフェ おかえり にも初訪問。

日本人オーナーの、ミチさんのヒンディがめちゃ可愛かった。

わざわざインドで日本食選ばないし、と思うこともあるけど、
The 日本食レストラン!っていうのでもなくて、
日本の島にある、おだやかなカフェみたいな、ほっとする味。


f:id:jfc_maligaya:20161129173952j:image


ひさびさに雑穀入りのごはん。
かぼちゃと豆(小豆かな?)のピーナッツバターソースで炊いたの。
野菜のあんかけと、パリッとした、なんだろう。なんか穀物っぽいの揚げせんみたいなの。
春の野原のように色鮮やかなサラダ。

食事のメニューはジャパニーズターリーにほぼ絞られていて(インドターリーは事前予約がいる)
ドリンクが充実していた。40種類くらい。賢いなと思った。
色んな紅茶やハーブティやらコーヒーやら豆乳やら。

自分の好みの感じの本がたくさんあった。

●『ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~』

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%86%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%9D%E3%81%92-~%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%82%92%E6%89%8B%E6%AE%B5%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E7%B5%8C%E6%B8%88~-Kindle%E6%9C%AC-Kindle%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A2275256051%2Ck%3A%E3%82%86%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%9D%E3%81%92%20~%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%82%92%E6%89%8B%E6%AE%B5%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E7%B5%8C%E6%B8%88~


●名取 芳彦さんの般若心経関連の本。
そうだった、すべては無なのだった・・・
なのに、心はざわつきまくり。人間だもの。

●アランコーエンさんの『人生の答えはいつも私の中にある』
https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%AD%94%E3%81%88%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%82%82%E7%A7%81%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%88%E4%B8%8B%E3%80%89-%E3%83%AF%E3%83%8B%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3/dp/4584391920/ref=la_B001IQXOIU_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1480406013&sr=1-4

心の揺らぎでさえも神のはからいという。
コンフリクトだって、最善に導かれている過程、と。

地球の歩き方arcoのロンドン編。
ロンドン、人を訪ねに、いってみたい。

★★★

おかえりの2階にあるRajendra先生のところでも朝ヨガ。(初心者向けらしい)

思ってたより身体動かなくて、泣けてきた←
高校生のころ、塾の授業分からなくて授業中に泣いてしまってたのと似てる。笑

今の自分を感じることがヨガだって頭では分かっているのだけど。

いつも行っているシヴァナンダ、ゆるいのかなぁ。シャヴァーサナ(屍のポーズ。寝る。)が多くて好きなんだけど。

デリーでは10人以上いるクラスばかりだから、
久々に3,4人でアジャストしてもらうと、
腹筋のなさや骨盤のゆがみに直面し絶望的な気分になった。

ちなみに先生はマカティ(inフィリピン)のホテルでも数年ヨガ教えてたらしい。
どこでも行けてすばらしいな。



★★★

初めて、Laughter Yoga (笑いヨガ) のセッションにも出てみた。
前から興味はあったのだが。

けっこう、強制的に笑う。

発声しながら

あーーーーーあっはっはっはっはー
とか
いーーーーーいっひっひっひーーー
とか

動物の鳴き声まねしたり

参加者みんなで円になって、お花なのかイソギンチャクなのかみたいに、
手足の指ひらひらさせたり。

隣の人の背中マッサージしたり。

おもしろかった。
花や水や鳥のように、生きたいものである。

"生きるということは木々も水も火も同じこと"だと、マサムネさんは歌ったですね。

色即是空、空即色是ということだろうか。
お、脱線してたら、般若心経に帰ってきた。
色即ぜねれいしょんくるり。あー。京都のライブハウスっ

強制的に笑っているうちに、だんだん自然に笑ってしまう人も。

先生がお茶目でかわいかった。

私はさいきんの調子を反映してか、
笑いながら、ちょっと泣きたい気持ちが喉から出てる感じだった。
それはそれで、いい感じなのかな、と思いつつ。

★★★

夜はふらりとカフェライブに行ったり。

ライブされてた人が、歌ったりヨガの先生しながら生きてるらしかった。
そういうのも素敵だなー。


f:id:jfc_maligaya:20161129173736j:image

京都の拾得に行きたくなった。あそこの飛び入りアコースティックライブ、とても好き。
お、また。京都のライブハウスっ

★★★

ガンガーに足を浸して昼寝したり。
解毒希望。

 

いつもに増してポエム度高いけど、

おしまい。