Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。

ムンバイのUberドライバーさんの生活事情とマルチスズキが好きな理由

Uber のドライバーさんたちと話した。 
今回Uberに何回乗ったかな…

 

1.空港から宿
2.ハッジアリダルガーに行くとき
3.ムンバイのレストランに行くとき
4.レストランから宿に帰るとき(先輩が呼んでくださった)
5.宿からドービーガート
6.ドービーガートから空港
7.空港からバス停
8.バス停から空港

 

全部はチェックしてなかったけど、

マルチSUZUKI率が高く。

4人くらいのSUZUKIユーザーに、

他のブランドも検討したの?
と聞くと、(事実質問!)


SUZUKIはメンテナンスコストが低いからいい、とみんな答えていた。

 

50-60万ルピーで買えるようです。
だいたい、80万円くらい。
月に15000円くらいのローンの人も。

 

Uber、雇用という形と業務委託ぽいのがあるようだ。
ヒンディー聞き取れてるか怪しいとこもあるけど。

 

○雇用
Uberが車用意してくれてるみたい。
給料固定(月に15,000ルピー、つまり24,000円くらい、と一人のドライバーが言ってた。その人、家賃6,000ルピーで家族の食費5,000ルピーくらいって。)


○業務委託
→自分で車を所有。売上によって給与も変わるかな。

親御さんがガンで医療費かかって(60万円くらい)そのために車を売ったという人も。
その人、話してて楽しかった。
ムンバイのことも教えてくれて。
2024までにムンバイ全土がメトロでつながるんだよーとか、
(今も工事してるのが見えた、JICAのマークも)
BKCというエリアは外資の銀行多くて、外国人多いよーとか。(中国の人もいるらしい)
300ルピーのところ500ルピー札でお釣りはいいって伝えたけど、
きっちりおつり返そうとしてくれていた。

 

逆に、もう一人のドライバーさんは、
人生に疲れたと言っていた💦
お金無いから車買えないって。
どういうふうに過ごしたいか聞いたら、
家でゆっくりして、お金が入ってくるのがいいなーって。
ほんとに疲れてるのね…
オンラインで仕事か?
340ルピーのところ350と、小さなおやつを渡したが、特に何も言わずだった。
まぁいいんだけど、そういう態度だから人生辛いのではないかと思った。

小さな愛情みたいなものを感じて受け取れるか、みたいな…

 

5-12時Uberで17-24時服のクリーニングで働いてると言う人もいて、
頭があがらないきもち。
運転してるのに睡眠時間短くて心配や…

 

もうちとindependentに働けるといいなと思ったのでした。

 

まとめはないけど、メモおしまい。