Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

おうちダグダガイ(フィリピンリフレ)セッション

友だちが家に遊びに来てくれた。

せっかくなので、ダグダガイセッション。


f:id:jfc_maligaya:20190115204118j:image

腰がお疲れなのか、ふくらはぎのハリが感じられた。

足裏は柔らかだった(^^)

 

ご感想をいただいた😍

こちらこそありがと!
〇〇ちゃんらしいお部屋で、バランス良いおいしいお食事と、マッサージに心も体も癒やされた(^^)

マッサージはとてもよかった!なんか不思議に感じたのは、足の裏を棒で押すやつ(?)が右足より左足の方が痛く感じた!(痛気持ちいいの範疇やけど)
力加減なのか、私の左足のせい(?)なのか、どっちだろ〜と思った(^^)

 

左右差に気付けるのがすごい!と思ったのでした。

精進したいであります。

バリの海に潜る。地球は美しい。

生きる意味はなんだろう?という問いが、

ときどき頭をよぎる。

たぶん意味なんてなくて、

だから、

美しいものを美しいと感じられたら、

それでいい、それがいいのだと思う。

 

2018年の大晦日
バリのトランベンでもぐらせてもらった。

 

2年ぶり2回目、ど初心者の久しぶりで、ちょっと、どきどきしつつ。
先輩が紹介してくださったサヌール在住のあつこさんのところでお世話になりました。

 

海と、(人を含めた)生き物を大切に、尊重して潜ってらっしゃるのだなぁ、と感じたのでした。


f:id:jfc_maligaya:20190115152808j:image

"海の底を引っ掻いて生き物を脅かさないように。私たちは見せていただくだけです"

 

初めて潜ったときも、
わー、海の底には虹があったと?!
と思うくらい鮮やかさに圧倒されたけど、
おみせの名前みたく、青の先には楽園みたいなところが、あるのだと思う。
(そんなに深くまで行けない、ビギナーレベルでも)
なんか、生きててよかったー地球めっちゃきれいやん!、って思うだよね、大げさかもしれないけど。
死にたくなったら、死ぬ前に一回もぐったら、気分変わると思う。

 

久しぶりで、口だけで呼吸するのがどんな感覚か最初うまく思い出せなくて少しテンパっていたのだけれど、
"ちゃんと私を見て!"
と言われて、
言語でやり取りできないぶん、そして命もかかっているぶん、
いつもよりもっと身体や表情に注意を注がなければいけんのや、と思った。


f:id:jfc_maligaya:20190115152827j:image

 

個人的には、手放したものにとらわれないで生きている(ように見える)姿が颯爽としてかっこいいなぁと感じたのでした。

 

また行きたいです。
そしてちょっとずつ、いろんな海をのぞきたい。😍

http://www.blueparadise-in.com


f:id:jfc_maligaya:20190115152837j:image

辛いだけじゃないインド!キチュリ〜お腹に優しいインド式豆がゆ〜久しぶりに作ってみた  

インドのカレーって何でも辛いの?

と思われるかもですが、

優しいインド料理もあるのです。

キチュリと呼ばれる豆がゆは

体調悪いとき、食べすぎたときなどにぴったり。

豆の優しい味がします。

グジャラートAirbnbで泊まったときにも作ってもらっておいしかった〜

ホストのインド人、それから、もう一人泊まっていたインド人は、インドに住んだことがないインド人。たしか、UAE育ち、当時はカナダの大学に在学中。自分のルーツを求めてインドを旅している途中だった。

食生活の違いからか、 同世代のインド人より、体つきがシュッとしていた。 インドでインド料理を食べるのは初めての彼は、たっぷりのギーをカレーに投入するのを見て、とってもびっくりしているのが、面白く印象的だった。

ということで、懐かしのキチュリ。

 

●材料 お茶碗約5杯ぶん
アルハルダール(トゥルーダルとも呼ばれる)150cc
お米(日本米でもOK、できればバスマティライス)200cc
トマト缶 200グラムくらい(大さじ山盛り5杯)
玉ねぎ半分(お好みで)
クミンシード 小さじ1強
ターメリック小さじ1
(あればコリアンダーパウダー小さじ1)
(あれば生のコリアンダーお好みで)
油 大さじ1(サラダ油でOK)
塩小さじ1
水600-700cc(豆+米の2倍くらい)

 

バスマティライスや豆などはネットでも買えます。

/

●作り方😋  圧力鍋使用で40分ほど
1)アルハルダールを水に漬けておく。2〜3時間ほど。


f:id:jfc_maligaya:20190115132925j:image
米も気持ちだけ漬けておきましたが、仕上がった感じ、特に吸水は不要かと。玄米でやるなら吸水してたほうがよさそうですが。


f:id:jfc_maligaya:20190115132940j:image

2)油を熱し、圧力鍋でスパイスをパチパチ炒める。クミンシード、ターメリック(あればコリアンダーパウダー)
いい香り〜♪が楽しいです。


f:id:jfc_maligaya:20190115132951j:image

3)クミンのパチパチした音が落ち着いてきたら、トマトをいれる。玉ねぎのみじん切りを入れてもよい。よく炒めながら、スパイスと合わせる。


f:id:jfc_maligaya:20190115133002j:image

4)アルハルダールと米と塩を入れて炒め混ぜ合わせる。
(はずだったが、いきなり戻し汁と一緒にどばっと鍋にいれちゃった)


f:id:jfc_maligaya:20190115133020j:image

5)アルハルダールと米を合せた量の2倍くらいの水を入れ、圧力鍋の蓋をする。
6)20分ほど煮る(インド式圧力鍋だとプシューが4-5回)
蒸気が出てくると、バスマティライスの豊かな香りがして幸せな気分。(*´ω`*)


f:id:jfc_maligaya:20190115133033j:image

 

●ポイントや代替方法
炊飯器でお粥モードがあれば、煮るところから炊飯器に任せるのもありだとか。
・普通の鍋で水をお米の3倍ほど加え、ゆっくりことこと煮込むのも可です。

・仕上がりはリゾットくらいのイメージ。もう少し水分多めも私は好きです。

 

●改善点
-鍋1.5リットルのキャパの割に、
豆と米を入れ過ぎた感…まぁ、いいのだけど。
豆100cc米100ccくらいでマックスかな。
もう少し水分多めも好きかも。
-なんか、キチュリ作ったけど、ぱっと見、プラオのようなビリヤニのようなものになった、、?笑 まぁ、なんでもいいです。
-スパイス炒めて蓋してたら若干焦がしてしまった!よく見てましょう…
-トマトなしのタマネギver.もやってみたい。


●参考
インドで作ったときの記録http://1234567.hatenablog.jp/entry/2016/06/10/012925

クックパッドて尊敬しているプラバールさんのレシピ
https://cookpad.com/recipe/1332980

走ったり寝たり

書きたいこと、やりたいことがたくさんで、

嬉しいのだけど、走りそうな焦りそうな気分になったり、

かといえば、すごーくだらだらしたかったり。


f:id:jfc_maligaya:20190115044348j:image

(外勤帰りに食べたサラダフォー。トマトの酸味と桜えびの塩加減、さっぱりレタスとレモンが爽やか〜)

 

残業は少し多い、残業せずに色々あてたいのだが。仕事も楽しいので、ありがたいんだけど。

でも休み明けはちょっと億劫。笑

 

昨日は久しぶりに、わりとだらだら。

11月に成田山に断食に行った。

昨日は一月半ぶりに、家で半断食。

水、お湯、野菜ジュース、梅干し、

あとはガム噛んで乗り越える。

身体がすっきりする気がする。

たくさん寝たのもあるかもしれないが。

 

わちゃわちゃも、ダラダラも、どっちもいいのだ。

わちゃわちゃわくわくのなかにも、平安を見ながらすすめますように。

 

 

バリの旅 祈りと彩りの豊かな島

祈りと彩りの豊かな島は、地球ってなんて美しいのだろう、生きていてよかった!と平安な歓びを思い出させてくれた。

ガムランの音を背景に凛とした表情。


f:id:jfc_maligaya:20190110154427j:image

ビシヌの黒 、ブラフマの赤 、マハデワの黄色 、イスワラの白 、シバの混合色 。
ブタカラ という悪い霊を鎮めるために地面にもお供えをするという。善と悪は隣り合わせ。毎朝の所作は、仏さんにご飯をお供えしていた祖母の姿を彷彿とさせた。

花火が途切れなくバチバチ鳴り響いた夜を越えての元旦、波の音のそばで太陽礼拝108回セッションが。少しずつ執着を手放せそうな予感。

インドネシア語、ヒンディともタガログともちょっとずーつ繋がってる気がするのはなぜだろう?


f:id:jfc_maligaya:20190110154452j:image

Spent my new year vacation in Bali, made me realise that my experiences these several years are important part of my life but at the same time I don't need to cling to them. I can explore new world ;)

バリニーズマッサージ、シンギングボウルでアナハタチャクラを開く

バリのサヌールにある、the Nest

というスパで、

バリニーズマッサージを受けた。

圧の心地よさとともに感動したのが、

第4チャクラであるアナハタチャクラ、心臓、ハートのチャクラの上に、

素肌の上に!

シンギングボウル、そのまま生で置いて、

鳴らしてくれたの。

不思議な振動、共鳴。

アナハタは他者とつながるチャクラ、

愛を受け取り、与えることにつながる。

バリで過ごしてから、

そういうふうに人とのつながりが開かれてきてる気がする。

自分でも家でしてみたり、

他の人にトリートメントするときにも使いたい。

全身じゃないとつかいづらいかな、

ハンドやフットでもうまく取り入れてみたい。
f:id:jfc_maligaya:20190109082304j:image

ベッドの顔の下にあったお花🌼