Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

モンゴル遊牧民は如何様に、化学者みたいに乳製品を作り出すのか?

モンゴル遊牧民は如何様に、化学者みたいに乳製品を作り出すのか?

 

驚いたのは、チーズ作るのに外から酸を入れないこと。
インドではカッテージチーズ、つまり、

パニール作るとき、レモン入れるし、酢やレモンなどの酸は必要なのだと思ってた。

 

乳製品の生まれる過程の家系図があるのです!なんというマニアックなモンゴル乳製品研究。


f:id:jfc_maligaya:20180722083357j:image

カルピス社も研究してるらしい。
乳製品に迫る観察本も。

デーリィマンのご馳走。

デーリィ、は、乳製品。

インドの主要なミルクショップは、マザーディリーという名前。たしか、public だったような?


f:id:jfc_maligaya:20180722083456j:image



写真多くて、説明も柔らかくておもしろい本。

著者の先生、印税取らないから、できるだけ書籍を安くして、多くの人に届けたいというご意向だそうだ!なんと広いお心。


○ウルム。


f:id:jfc_maligaya:20180722083854j:image

f:id:jfc_maligaya:20180722083918j:image

牛の乳を温めて、掬いあげて鍋に戻す、ばしゃばしゃ!繰り返すと表面にできるクリーム。

ゲルは暖炉必須。それも、鍋が置けるやつ。
小麦を少し混ぜると厚いクリームになる。
スライスしたパンに乗せるととろりと甘くてうまー。

 

○ヨーグルトをタラグという。
酸を入れないで、
既にあるヨーグルト菌で発酵を呼ぶ。

 

○アロルというチーズが好き。大好きになった。慣れるほどに。
お菓子のヨーグレットみたいなの。
お土産にあげたら、初めて食べた人はゴルゴンゾーラみたいと。ツーンとするの。
ヨーグルトを加熱して凝乳にして、脱水したらできる。

 

○ハルマック。


f:id:jfc_maligaya:20180722084037j:image

f:id:jfc_maligaya:20180722084059j:image

バターオイルの残りに小麦とミルクティーまぜこぜした、生クッキー。
レーズンや、後述のエーツィギを和える。

 

○シャルトス(黄色い油) 
ギーみたいな感じ。分離してる。
ウルムを更に加熱していくとできた。

 

○エーツィギ
乾燥ヨーグルト
はるまっくにいれる。
単体だと正直味がしない。
ウルムをとったあとの、濃縮された乳を加熱しつづけてホエーの水分も取れたあと、というのか、、
説明しきるのが難しい!

 

○馬乳酒
おなじみの!
冷やして撹拌して発酵。
馬は乳脂肪が少ないので、チーズとかヨーグルトにはしないときいた。

乳製品ってヨーロッパのイメージ強いかもだけど、アジアも、負けてない!!

 

これだけ見せていただけた機会、ありがたし。

ウルムとかは日本でも作れなくはなさそうっ

ウルムとアロルがおいしかったな。

冬を越すためにあらゆるのバリエーションを作って、余すところなく。活かしきる。その姿勢がすてき。

テンスとアスペクトの違いとは

テンスとアスペクトの違いとは

日本語と、言語学をかじり始めている。
外国語として日本語を見るのは面白い。
日本語を教える人、教わる人の共通言語、コードとして、日本語教育における日本語文法があるのだな、と、
地域のボランティア日本語教室のおっちゃんと話してて思った。

テンスとアスペクト
最初に本で見たときは近いがしっくりこず。

今の理解は、
テンスとアスペクトは組み合わせなのでは、ということ。
(自分の理解だが、あくまで)

たとえば、
現在進行形なら
テンスは現在
アスペクトは進行形。

漢字で表現するほうがわかりやすく感じる。
テンス 自制
アスペクト 相

ちなにおっちゃんは中国駐在経験のある銀行パーソン。
学習者の第一言語や母文化を分かってるのは学習者にとって心強いな。

セルフケアをふりかえる

去年の夏の思い出はなんですか?

私はラダックやら、焦りやら、いろいろなのだが、当時参加してたカウンセリングのワークショップもそのひとつ。

 

インドのソーシャルワーク、カウンセリング - Living Diversity

 

今年度の受講案内メールがきた!

ワークショップで出会ったインド人のソーシャルワーカーくんは、

いまも時々連絡をとっている。

How are you ? ばっかだけど。

それでも嬉しいね。

 

カウンセリングのワークショップを受けるための面接で、セルフケアの方法を聞かれた。

WRAPとも通ずる。

Wellness Recovery Action Plan。

 

いい感じの自分、でここ一年で増えた、しっくり来てるのは:

 

・美しいものを美しいと感じられる。
・美味しいものを美味しいと感じられる。
•人生、そこで起こるあらゆる感情は美しいと思えている。
・どんな私も、大好き。😍
・何とかなると思えている。all shall pass.何があっても大丈夫なかんじ。神さまに守られているかんじ。コントロール欲求から開放されている。

 

日常生活管理プラン(いい感じの自分を作るために毎日やるといいこと)

のお気に入りは

No.1

自己受容しなおすワーク。

やり方は:

その日の印象的な感情とその時の出来事を書く

→理想的な何でも受け入れてくれる友だちなら、どう声をかけるか想像して違う色のペンAで書く

→それに対する私のコメントをまた書く

→気分が落ち着くまで繰り返す

最後に、どんな感情も出てくることに意味があるよ、どんな状態のあなたも大好きだよ、と友だち色のペンAで書く

→そう言ってもらった自分の気持ちを味わう

というやつ。

なかなかに緩む。

 

No.2

それは、わたしにとって、大切か?

と自問する。

 

No.3

これはできてなくて時間を増やしたいのだけど、やっぱりヴィパッサナー。

千葉か京都もいってみたい。

懐かしきコルカタ

 

デリーの暑いときは、ご飯面倒だと、

とりあえずスイカとかマンゴー買って頬張っていた。

イカなんて半分に切ってスプーンでくり抜いて食べてたもんね。

一玉100円だったものなぁ、、

今は野菜ジュースやらヨーグルトにシフトです。

時々やってくる甘い炭酸やスナックの誘惑がやばい。

今夜みたく残業する時あぶない。

ほんとは残業嫌いだけど、一応意味あることをしたので(少しこだわりすぎたかもやけど)がんばりましたということで。

 

身体にいいものを摂れますように。

みなさまも夏バテにお気をつけて。

 

 

ミニマリスト社長が生んだ大きなシェア市場:日本経済新聞

ミニマリスト社長が生んだ大きなシェア市場:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33065280X10C18A7SHA100/

 

余ったモノ・コトを動かし、新たな需要スペースを作る二次利用型ネット経済

食材の余りに目を付けた食のサービス

駐車スペースの余剰に目を付けたakippa

民泊は家屋の余剰が背景

 

私は何が余っているかなぁ。

余白、あるだろうか

もらい物をお裾分けとか

どちらかというと余ってるものをうまく生かして、頂いて、ときに加工して、生きてるかなぁ。捨てずにいかせるもの。

使ってないハンカチに刺繍をさしたり

穴の空いたかばんにパッチワークしたり

もらった調味料やスキンケアのもの、共用にしてみたり。

余ってるもの、提供できるもの、といえば、

知恵とか経験なのかも。

情報を集めて加工するとか、編むとか。

インドで仕事のために読んでた本の断片や、インドで、一緒に働いてた人の記事がでてきて、いい経験だったな、いかしたいな、編み込みたいな、今に。という気持ちも湧いてきた。

俯瞰してデータをきっちりみること、

頭に入れとく(暗記)すること、

それって信頼につながることだ。

多様性を豊かさにできますように。

 

羊、ひつじ、ヒツジ、乳、乳製品を大事に食す

夏は赤い食べ物(肉)

冬は白い食べ物(乳製品)を食して過ごすという、モンゴル食生活。

In Mongolia, they eat red food (meat) in Summer n white food (milk products) in winter.

 

農耕じゃないからよけい、限りある大切な食べ物。

それを惜しみなく、分け与えてくださって。

モンゴルを充分あじわってね、と。

一生分、羊、いただいた気分。

いや、また行きたくなるかもしれんから、

一年分、と言っておこう。

Maybe because of not doing agriculture but depending on livestocks, foods are limited n very precious. Even so they shared a lot so that we can fully enjoy the taste of Mongolia.

 

羊の内臓!その日にさばいたの。

茹でた内臓をゲデスニー・ホールというらしい。

覚めると固く脂が分離するので、

フレッシュさ命。

臭みが全然ない。

草原が天然ハーブ園だからかな。

 

肺、心臓、腸に血を詰めたの、レバー、など

I love internal organs 😋😋😋
f:id:jfc_maligaya:20180719015528j:image

 

胆嚢と膀胱以外ほぼ全て食べる。

ホントに無駄にしない。

 Except for gall bladder  urinary bladder, they eat everything.

茹で肉はチャンスン・マハという。


f:id:jfc_maligaya:20180719015826j:image

 

羊の解体も見せてくださった。

 They showed us how to break down a sheep.

(苦手な人、少しあとに来る写真注意)

 

血ができるだけでない、苦しまないように、

喉で切れ目を入れて、血管を締めて、

血が内臓の中に流れ出るのを数分待つ。

They did that minimizing the sheep's pain.

Cut the throat then put the hand into it to squeeze the blood vessel. Wait till the blood flow into the internal organs n eventually the sheep end his life..

羊さんがピクピクッと最期に動いて、

大事にいただきます、と約束した。

At the last moment the sheep cramped. 🐑

I swore in my mind that I will eat you with gratitude! 

 


f:id:jfc_maligaya:20180719020331j:image
ホーショル。揚げまん。

絶対カロリー高いけど不思議と何個も食べられてしまう。おそろし。

f:id:jfc_maligaya:20180719015127j:image

羊の内臓。

内臓大好き。
f:id:jfc_maligaya:20180719020515j:image

野菜バージョン。たまねぎ、にんじん

貴重だろうな。輸入か、ウランバートルではハウス栽培野菜もあるとか。


f:id:jfc_maligaya:20180719020554j:image

 

羊肉入りのおかゆ

ひつじの甘みがたまらん。


f:id:jfc_maligaya:20180719020642j:image


f:id:jfc_maligaya:20180719020938j:image

 

お顔も余すところなくいただくのです


f:id:jfc_maligaya:20180719020730j:image

サラダはドレッシングというより既に和えられている。オイルだけ?と思うほどのシンプルさ。


f:id:jfc_maligaya:20180719020804j:image

 

にくうどんのゴリルタイ・シヨル

やはり羊のスープが絶品。

f:id:jfc_maligaya:20180719021041j:image

 

ボーズを作る!


f:id:jfc_maligaya:20180719021201j:image

真ん中は伸ばし過ぎないで厚めに残す。

羊の生肉を乗せて包んでゆく。

ひたひだにして最後閉じるのって難しい。
f:id:jfc_maligaya:20180719021244j:image


f:id:jfc_maligaya:20180719021517j:image

じゅわり。ひつじの甘み、さいこう。

 

あげぱん!優しい甘み。
f:id:jfc_maligaya:20180719021603j:image

ひねりこんにゃくみたい。
f:id:jfc_maligaya:20180719021638j:image

 

乳製品は別立てでっ

 

モンゴル遊牧生活中の思考回路〜しがみついちゃうけどまた手放す、それでよい

モンゴルに遊牧民生活修行に行ってきた。

なにか、自分を解放させられることを期待していた。
結局、相変わらず自分を縛っているのは自分で、どこにいようが、わたしはわたし。
というベースはありつつ、やはり環境によって地が出やすいとか、気づくこととかはある。

夜中、ウランバートルからマイクロバスで揺られること1時間、ゲルのあるキャンプ地に到着。
と、星の絨毯。
ミルキーウェイと流星。
これだけでも来てよかったと一瞬にして思うほど、溜息のでる。
ゲルに暖炉。パチパチと優しい火の弾ける音。芯のある柔らかな灯り。


f:id:jfc_maligaya:20180717154849j:image

目覚めてゲルの戸を開ければ、
一面に拡がる緑と青。
草原を歩くだけで、ローズマリーのような、シソ科の香りが漂う。
ふぅ〜


f:id:jfc_maligaya:20180717154941j:image

ここでヨガをすると身体にちゃんと呼吸が入る。

ひたすら馬に乗る。
慣れてきた、と、現地民に認定されたら(かれらの感覚ベース)一人で乗らせてもらえる。
私は最終日まで独り立ちお預け組だった。
途中、羨ましくなったり、いや、もう乗って走るだけでも楽しいから執着手放すべき?と思ったり、やっぱりひとりで乗りたい、私の何が駄目なんだ〜と思ってみたり。 
周りにうまく気を遣えてないと感じたり、
すごく自由に貪欲に子どものような(あるいはリアル子どもの)ふるまいを目の当たりにすると、これまた羨ましくなったり。

ひとりで乗れると、やはり楽しい!
私の馬ちゃんだ。
振り回されない。

 

去年の今ごろはかなり自分を追い立てて、追い詰めて、責めまくっていた。
モンゴルに行く直前の私も、ややそんなぶり返しがあった。
何かできる私、有能な私、役に立つ私、でなければいけない、という恐れ。
恐れを手放さなければ、幸せに生きていくことができない、という、強迫観念。
恐れがあっても、ただ、それを眺めて平安でいられるのに。

馬の上でさえ、余計な、忘れたいはずの諸々が思い浮かんだ。
ラダックの山がフラッシュバックしたから?
雪山と草原で違うのだけど。
手放すために浮かんだの?
当時付き合っていたひとのこと、未だに脳裏に再来してむかつく。
なんでもっとちゃんと愛して助けてくれなかったの?という(自己中かもしれない)怒りと悲しみと孤独。
誰もわかってくれないという感覚。
神様と自分しか分からないのだという説得に似たような諦め。
受け止められなかったのは結局自分なのだという嫌悪感。
そんな、ぐるぐる。

 

お金も仕事もパートナーシップも同じように思われた。
自分に訪れたものをありがたく味わい、循環していくものをあたたかに見送る。
与えられたお金を心地よく使う。過不足に囚われすぎずに。嬉しく使えるものへ使うことを意識する。
与えられた関係を心地よく味わう。他者や自己への否定より、美しい出会いが起きていることにフォーカスする。さらにしっくりが訪れるし、私がそれを受け止められることを信じる。

キャンプで自分たちでゲルを立てた日に雨が降って、夜中の雨漏りや早朝の冷えや、大変だったのだけど、
晴耕雨読だよなぁ。
雨が降ったら降ったなりの楽しみとお休みだよなぁ、、過ぎ去るのを待ちながら。
と、改めて思い出した。
つい、走らないと行けない気がする症候群。
なんか、やってみたかったことひとつ1つやってきて、7割くらいはやった気がするし、もう明日死んでもいいや、と時々思う。
ほんとなら、次々やりたいことでてくる気もするのだけど、まだ?また?疲れてるの?

 

恐ろしく眠かった。
ご飯のあと、馬のあと、馬の上でさえ(?!)
いままでの疲れの膿を溶かすような眠気

ゲルでみた夢は久しぶりに追い立てられる夢のオンパレードだった。
大学入試直前で勉強が1%しか終わってない夢とか、(一年以上ぶり?)
大学で体育の出席が足りなくて卒業が危うい夢とか(初)

似たように、というか、あるアジアの国で働いている人も旅の仲間で。
履歴書に書ききれないくらい数々の仕事をしたという。
不安はあるけど、今までずっとタイミングでなんとかなってきたし。
備えても、変化するときはするし。
そう、備えても考えても急に崩れ落ちたりするのだ。そして、それでも生きていける。
教えられたじゃない、インドで。


f:id:jfc_maligaya:20180717155108j:image

小さな丘の上の祠から夕日を眺めた。
冷えてて、背中をポンポンしてくれたのが癒やされた。 

 

しかし、東京、蒸し暑すぎる。
モンゴルでは都会のことを草原の傷と呼ぶらしい。傷だらけコンクリジャングルよ。
既に帰りたい。
モンゴルに?デリーに?どこに?
居場所は地球。それでいいわ。

期待してた解放とやら、癒やしとやらがあったのかは、速攻薬というより漢方的な感じか。
ヴィパッサナーの哲学を思いだした。
よく寝て、よく瞑想して、ヨガして、要らないものを捨てて、余白をもちませう。

シンプルに。
また、馬と駆けられますように。


f:id:jfc_maligaya:20180717155137j:image

be happy be Shanti

This month last year was very tough for me.
Some articles was written even during that situation, which is somehow helping me now.

This week has been kind of busy.
I hate working overtime! That brings me the feeling of self hatrad.
I felt I should finish this perfectly.
oh I learnt that I don't need to push myself so hard, especially this time last year.
every feeling comes. lonely, desire for approval, self hatrad, low self-esteem, inferiority, impatience, fear for future job security, automatic mis recognition of being criticized etc. they are coming with some reason and they gonna go again.
God is always here with me.

Am I allowing others to love me ?
Am I loving myself ? Am I taking care of myself?
I have a crush, that is precious gift in my current life, while I feel several ppl have crushes on me (maybe..) I feel good, thankful abt it but at the same time feel annoyed... not exactly annoyed but kind of mendokusai, tiresome. Hmm I feel guilty for that tiresome feeling ...
This matter also I let every burden to God. will help me make satisfied. go slowly. taste it on the beautiful process.
:) be happy :).