Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

《エール!》温かく爽快に泣きたいときのフランス映画    

 

《エール!》温かく爽快に泣きたいときのフランス映画

 

 

製作:2014年,フランス

日本公開:2015年10月

上映時間:105分

原題:『La famille Belier』

 

おんなのこかっこいい。ぽーら。

ミッシェルサルドウ。

歌と共に生きたい。

ぼーーっとしたい時は鶴見線の夜景を旅すべし

工業地帯の夜景といえば、川崎、鶴見。

仕事や日常のざわざわを忘れて、

ひたすら

ぼーーーーっとしたくて、

鶴見線に行った。

 


f:id:jfc_maligaya:20180920234115j:image

海芝浦。

東芝の社員さんしか降りられない。

20:30まで、ホームから出て入園できる公園があるが、既にしまっていた。

ホームから見るだけでじゅうぶん見ごたえある。

停車10分弱で、また同じ電車が鶴見方面に帰る。

それを逃すと次は一時間後。

今回は帰ったけど、

一時間ぼーーっと、もありやな。

 

 

3つも終点がある。Wikipediaより。


f:id:jfc_maligaya:20180920234329j:image

鶴見からひとつずつ終点へ。

トータル2時間くらい、夜のピクニックだった。

鶴見から大川へ(改札出ず)

浅野まで戻り海芝浦へ(改札出ず)

また浅野へ戻って、扇町へ。

扇町は猫がたくさん。

扇町で降りて、歩いて昭和へ。

昭和から乗って、鶴見へ戻る。

うまいこと、接続がよかった。

 

どの駅もしーんと静かで、虫の音だけがきこえる。

人もまばら。

違う県に来たみたいな、ちょっと違う時代に来たみたいな気分。まさに、旅の気分。

 

またぼーーーーっとしたくなったら

海芝浦へいくのだろうな。

はたらく営みの光と、海の香り、風の梵に身を任せるのだ。

 

 

 

「退職認めない」 悪質な慰留横行、解雇相談上回る:日本経済新聞

「退職認めない」 悪質な慰留横行、解雇相談上回る:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35486420Y8A910C1EA1000/

 

終わりが決まっていることにもメリット、デメリットがあるように、

終わりが決まっていないことにもメリット、デメリットがあるのかね、、、

それだけ必要な人と思われてる、という捉え方をすれば良い面もあるけど、

辞めないためのおどしって。

社会全体を考えれば、送り出すことがベターな解かもしれんのにな。

台湾に行く前に読みたいオススメ本5選

台湾に行く前に読みたいオススメ本5選

1)旅の指さし会話帳


いろーーんな食べ物が載っているので、印刷して現地で使えた(^^)
台湾の民族構成や言語についても書いているページがあり、台湾人の友達も興味津々だった。

 

2)女ふたり台湾、行ってきた


比較的メジャーな観光どころを漫画で紹介していて、楽しく全体像をつかめる。
ちょっと遠いとこ(九份とか、猫の村とか)も頑張って移動して行ってるコースだったので、私はルートは参考程度にみた。

個人的にこの著者の一人、小林希さんが、旅しながら生きてて気になっている。😍

 

3)現代台湾を知るための60章


異国に行くときにその国の文化、経済、政治、歴史を真面目に知るのに最適な書物と思います。龍山寺など、お寺に何が祀ってるのかとか、観音と道教と土着の神がごちゃまぜで寛容さが台湾らしいとか、一歩深めて感じに行ける。

 

4)好きになっちゃった台北


1990年代の古い本なのだけど、
見開き1テーマで多様なトピックをカバーしてて楽しい。


f:id:jfc_maligaya:20180918004108j:image

 

5)観光コースでない台湾


観光コースでない、ってのがいいよね。
こちらも、歴史や文化を知るのに良いと思う。

地球の歩き方とか、その他、the 観光本、なものも見るけど、割愛。
地図やら見どころのコンパクトな解説、基本になるルートの考え方見るには便利だけどね。

旅は文化を肌で感じて、こころをひとつ広げるものだと思うので、できるだけ読み物してから行くのが好きです😘

 

初心者でもできる!基本のタイ古式マッサージ施術技を習ったメモ

 

タイ古式マッサージをやってみるワークショップに参加した。
ヨガフェスにて。
.タイ古式、ハズレがないというか、もみ返しもないし、安心して呼吸を深められるなぁと思う。

●タイ古式の特徴は?
1.ベッドなしで、床でできること
2.ストレッチとマッサージを両方できること
3.セラピストも健康になる(^^) (二人でやるヨガ、とも言われる)

タイ古式初めての人(初めてなのに施術のワークショップ来るってすごいなと思った)
は、痛そう…と言っていたけれど、
伸びて気持ちいいものだと思う。

●3つの技を覚えた!
a)ふくらはぎと腿の両側!加圧
表も裏も一気に圧をかける
→挟む!相手の足を自分の足で。👣
1.相手に仰向けに寝てもらう。ちょっと肩幅くらいに開かせておく。(自分の手で相手の足の位置を調整してもよし)
2.相手の足の外側に立つ。お尻を足の方に向ける。
3.相手の踵を包んで持ち、足を自分の膝下くらいまで持ち上げる。
4.自分が正座する感じで、自分のふくらはぎの少しかかと側くらいの、柔らかいところに、相手の足(ふくらはぎ)を乗せる。
5.ゆっくり座って、相手の足を挟む。
体重まるごとかけちゃって大丈夫😉最初怖いけど。
6.少しずつ背筋を伸ばし、相手の反応を見ながら圧をかける。
7.少し膝側にずれて、同じように。
8.腿は、両足ではなくて片足で挟む。相手のかかと側にある自分の足を立てる。
9.太腿の根本をやると、流れていい感じ(^^)
★自分のおしり、足も、なにげに気持ち良い。

b)股関節をぐいーっと広げる
1.相手に仰向けに寝てもらう。
2.相手の両足の間に立つ。
3.相手の右足踵を包んで持ち上げる。そのまま相手の足を曲げて、相手の胸の方へ。やや外側にして、がに股のような角度に。
4.相手の右足裏を自分の左の腰骨に当てる
5.そのまま自分が相手に向かって進み、相手の股関節が広がっていくのを感じる
6.ある程度伸びたら、自分の左の膝下で、相手の内ももを押す。下に降りる感じ。
7.腰を上げたり下げたりして相手のストレッチ具合を感じながら、深める。

c)腕の加圧
1.相手に仰向けに寝てもらう。
2.相手にお尻を向けて、相手腕の外側に立つ。
3.つま先立ちして、土踏まずで腕の上に乗って圧をかける。意外とガッツリ踏んでも大丈夫。
4.肘は避けて、二の腕まで。下腕より、上腕は弱めがいいかな?

いじょう!
身近な人にやると喜ばれそうです。
圧の範囲が広くて、密着するので、ここちよーい。
コミュニケーションにもなる(^^)

 


ヨガフェス、ゆるりとパークヨガだけして、あとは気ままにブース見て、楽しかった。


f:id:jfc_maligaya:20180917222814j:image

心と身体のつながりを感じようね。

月と太陽を見るような、考え方のスタイルを身につけていっている。
最悪なことの中にも最高がある。
僕らの悲しみを誰かが喜びと呼ぶ。
ある人が、すごいチーズナンが好きらしくて、
おぉーうまい!チーズナン!神が与えし食べ物!!と、めっちゃ感動しながら食べてたのが印象に残っている。
たしかに美味しかったんやけど、感受性すごいなーと。
食べ物も、出来事も、今やってる役割も、きっとおんなじで、神が与えし最高のもの!という、みかたもできると楽しいのだろうな。
で、ポジティブばっかも疲れるから、月のように優しく、悲しみを感じるものも味わって、バランス取れるといいんだと思う。

Shanti :)