Living Diversity

インド仕事・生活・旅の記録、メンタルヘルスに関する話題など。いろんな文化ごちゃまぜのところが好きです。 ケアする人のケア&当事者研究、アロマ、タッチング、 多様性がいかされる場  ひとがどうやって元気を回復していくか? が関心ごとです からだほぐし、出張したり介護施設でお手伝いしたりしておりました。 *ダグダガイ(フィリピン式・竹の棒をつかった足のマッサージ)  いらないものそぎ落とされる感が強くておすすめです。

インドのソーシャルワーク、カウンセリング

前に行ったsanjivini でbasic counseling workshop なるものがあり、受講してみている。
そんなことしてる場合かっていう焦りがないわけではないんだけど(^_^;)
インドでの対人援助がやっぱり気になるみたい。

 

受講生は32人。
心理系福祉系など卒業したての若い人6人くらい。
弁護士、ライター、マーケティング職、教師などなど働く30ー50代チックな人が20人強。
男性ぽいひと3人。

 

私以外みんなインド人のようだ。
自己紹介で、私の出身はどこでしょう?
マニプルです^^(インド北東部で顔が日本人ぽい地域)
いえ、日本人です。
と言ったらわりとうけた。

 

受講前に面談があった。
質問シートは過去のカウンセリング受けた経験とかも聞いている。


f:id:jfc_maligaya:20170819022836j:image

面談の質問も、自分自身について気づかされる問いが多かった。

 

(ワークショップへの期待値と内容のマッチ確認)
What is your expectation for the WS ?

 

(セルフケアに関すること)
Can you ask help for others ?
What do you do for relaxation?
Can you convey your anger ?

リラックス、、ヨガとか、歌とか、話聞いてもらうとか、日記書くとか、なんだけど、
深めに落ちるとそれすら難しくて寝るしかできないこともあるなと思う。
My mom was also like that in her crisis time.

 

怒りを伝える、、ことは結構苦手だ。
怒りは二次感情だから、自分を観察して、怒りの手前の悲しみとか大事にされたい気持ちとかを伝えるって言った。
それができるときもあるけど、
このくらいで怒るべきじゃない。
相手も色々大変なんだ。(なんか相手をかばってしまう)
相手からの評価下げたくない、と無意識に考えて、
小さいくすぶりを押し込めてしまうことがある。
ほんとに怒る直前、私はだまりこんでしまう。
ためこんで、けっこう自分にダメージ与えてたな、、といまさらながら最近気づいた(´・ω・`)
そしてこのパターンが母や苦手な人と似てることも(^_^;)
怒るのはダメなことだって価値観の刷り込みがあったから、手放した。


(価値観、強み、弱み)
Do you stand up for justice ? (For example of someone is beating a cat do you make that person stop ? )
What is your negative point ?
What is your quality ? Why do you think people come to you to be listened ?

そんなこんなで面談を無事にパス。
(落とすための面談じゃなさそうだったが)

 

全8回。


f:id:jfc_maligaya:20170819022934j:image

初回のテーマはcommunication with awareness

non judgementalが大きなテーマだった。
いろんなトピックで yes /no/ I don't know
に分かれて理由を話し合う。
-親は子どものために同居すべきか?
-息子にゲイだと打ち明けられたらcomfortableか?
-パートナーが問題に苦しんでいるときパートナーと別れるのはありか?
-中絶は女性の権利か?
とか。

 

人によって想像するシチュエーションも違う。理由もちがう。
ほかの人の意見聞いて、自分の意見変わるのも ok ok.
みんな何か裁きがち、というのに気づこう、って主旨だったと思う。

 

一方で、扱われた問題って個人の問題だけではなく社会的問題でもあるよなと思った。
社会の受け止め体制によって答えかわるんじゃないかな。

 

それから、ほかの人の話聞くときは比較的そのまま受け入れるのに慣れてるほうだと思うけど、
自分が困ったときにネガティブな気持ちを受容するほうが難しいかも、と感じた。

 

感情の名前の引き出しがあるといいかも。
あ。いまこれだ。って思える。
When I face problem how do I feel ?
という問いにみんなで答えた。

Fear,  worry, histeric,  angry,  unsure , panic ,  frustrated,  uncomfortable,  restless ,  psychically feeling hot , overwhelmed,  confused , why me ? , victimised, helpless,  alone ,  vulnerable,  stressed,  guilty,  mind blank , sad
なんと豊かな語彙ー♪

 

 Problem の定義はなんだろって話も。
上記と裏返しで、anything that makes individual feel the feelings above と云う考え方を出されていた。
事象そのものじゃなくてそこから起こる困った感情なんだなー。

 

カウンセリングの定義の話も。
Process which aims to help individuals by making them understand their problems as well as strength 😉 which will help them to become better choosers 😉
クライアントがクライアント自身の強みを理解する手助け
そして問題と強みを理解してクライアントがより良い選択をできるように支援すること
なるほどー!と思った。
特に、強みを思い出させるというのが。

 

なんか雰囲気も穏やかで癒される。

今のところインドならではというよりは日本で見聞きするのと共通な印象。
少しずつほかの参加者と仲良くなれるといいなー

 

ラダック その他たべものなど


f:id:jfc_maligaya:20170815011101j:image

旅行代理店のおっちゃんおすすめの店

トゥクパ(麺)にモモとマトンのせたの!!

おいしすぎる。

おなかいっぱい。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815011324j:image

Kashmirのパンらしい。かんぱんみたいな味。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815011425j:image

ヨーグルトがちょっときいろ。

味は変わらないのだが。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815011237j:image

もるもっとーー

ラダックday 5&6 パンゴン湖

パンゴン 信じられないほど

あおい。

なんだこれ!!と叫んでしまうくらい。

実は75%は中国の領土らしい。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815010144j:image



f:id:jfc_maligaya:20170815010239j:image

3idiots 邦題 きっとうまくいく の ロケ地


f:id:jfc_maligaya:20170815010353j:image

 

泊まったテント。快適。地面と思いきやベッド。観光むけだな。


f:id:jfc_maligaya:20170815010412j:image

 

そーらーぱねる


f:id:jfc_maligaya:20170815010528j:image

 

チャナ ひよこ豆 のすぱいしーなとまとな。

作ってみたい。チャナが好き。

右はうぷま。


f:id:jfc_maligaya:20170815010549j:image

 

谷川俊太郎さんの 春に のきぶん


f:id:jfc_maligaya:20170815010651j:image

 

 

 

ラダックday 3 &4 雲も人も可塑的

雲の形が変わるのをみてると

自分も昨日の自分とちがう

新しくなってる

引きずらなくていい

と思えた。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815004055j:image

まだ雪が。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815004136j:image

 ディスキットのゴンパ。

ため息がでそうな。

 


f:id:jfc_maligaya:20170815004245j:image

山肌の色彩の豊かさ

 


f:id:jfc_maligaya:20170815004329j:image

あんず食べ放題

 トゥルトゥク村。


f:id:jfc_maligaya:20170815005250j:image

あんずジュースinビール瓶

Kingfisher がジュースやってるかと思ったが違った。


f:id:jfc_maligaya:20170815005518j:image

 Kawa tea

Black tea みたいだが たねやハーブ。

 

屋上で星ながめる。

流れ星。

何を願う?

 


f:id:jfc_maligaya:20170815004408j:image

ラクダにのる。

インドきてから数ヶ月おきにどこかで乗っていて飽きつつ(!?) ある

 


f:id:jfc_maligaya:20170815004531j:image

車に乗る!ジェットコースターみたいだった。

 叫んだ。


f:id:jfc_maligaya:20170815004601j:image

ラダックのくっきーらしい

素朴な味。

 

帰り道にチャイ屋の妄想がなぜかふくらむ。

地域のA型やB型の施設でチャイにあうクッキーコンテストしたら面白いんじゃないかとか

インドの写真かざりまくるとか

敢えて毎回味の違う一期一会チャイとか。

前の人のスパイスの好みがほのかに残るみたいな。

チャイ屋ならインド服着れるとか

デイケアでインド服きてみる体験会したいとか

夜はボリウッドダンスだー

昼は映画上映だーとか

ダールみたいな家庭料理だーとか

南インド料理だーとか

ニーズがあるかはまったくおいといての妄想大会in my head。

 単価安いから工夫がいりそう。

 

ラダック day 2 旅人的性質と完璧主義とのお付き合い

起きたら9時。
遅い気がして勝手に焦る。
いろんな夢みた。
仕事や大事な人や。

旅行代理店をゲストハウスのオーナーが紹介してアレンジしてくれる、
と前日言ってくれてたが、
何も動いてなかった。
おーい。
しかたないか。
ていうか自分で探すほうがたのしいさ。

 

メインバザールでなんとなく気になった代理店に入る。
日本人ぽい女性が
I'd like to join to the Pangon camp
と言っている。
お。私も行きたいぞ。


ふだんは旅先で日本人とつるむの好きじゃないけど、
なんか彼女の雰囲気に惹かれて話しかけた。

そしたらなんと。
インドで働いてるという。me too.
気が合いすぎて、諸々共通点あってびっくりした。

 

好きなとこに行けば好きな人やものに出会うよ、と言っていたのが印象的だった。
そうだなぁ。
そしてきっと嫌なことから我慢しすぎずにしかるべき時に離れることも。

さばさばして猫みたいでとても素敵な子だ。

 

諸々予約して、
Shanti Stupa へ。
日本人の中村さんというお坊さんが現地と協力して建てたそうな。


f:id:jfc_maligaya:20170815002834j:image

90年代なのでまだ新しい。


f:id:jfc_maligaya:20170815002852j:image

かわいい。やぎ?

 
f:id:jfc_maligaya:20170815003225j:image

 

バイクでずんずん。


f:id:jfc_maligaya:20170815003002j:image

空。山。心が少しひらかれる。気がする。
お堂がなんだかなんだ落ち着く。


f:id:jfc_maligaya:20170815003046j:image

学生のころは年に一回、座禅宿泊いってたなー。

旅が止められない質なのだなと感じる。
休みの度に旅してるから旅が当たり前すぎる存在になっていたかも。

初ひとり旅は、高3で受験終わったあとの青春18切符で和歌山。
宿取るのもギリギリで親が呆れていた。

見たことないものを見るのが好き。

 

フルタイムで働くの向いてないかもと思ってみたり。
子育てとかなくてもフルタイム脱却の在り方がいいなとおもったり。

妄想。
半農半Xかな。
田舎飽きるかな。

 

思いついてワクワクしたり、
同時に心配もおもいついたり。

完璧なプランも完璧な対応してくれる人も完璧な自分もないのに。

 

かー  ٩(◦`꒳´◦)۶
んー …(´;ω;`)
ぺー _(┐「ε:)_
きー L('ω')┘

いつから完璧主義ぎみだろう?

 

幼稚園のころ、通信簿みたいなのにひとつ△がついて、母に心配された。
小学校のころも通信簿で納得いかないところがあるって母が担任に言ってたな。
私は母が言うまで気付かなかったが。

 

中高では母は全然成績気にしてなかったような記憶だったけど
よく思い出したら受験の結果とか塾のクラスとか母が自分より気にしていた。
母が他人に見せるためのモノじゃないのになー とか思ってた気がする。

 

高校のころはテストで90点以上取らないと自分の中で反省してた。
大学受験の2次は6割で受かることが救いだったかも。
センターとかよくやってたな。
捨てることの大事さを学んだかも。受験で。

 

大学入ってからは成績に対するこだわりはなくなった。
サークルが大事になったからかな。
なんか走っていた。
役割がまっとうできてないっぽい評価をされてると感じることが、
ひどくこわかった。
ビジョンが見えないことも。


他人は私の全部は知らないのだから
かれらの評価は私の一部にすぎないし、
受け取るか受け取らないかは私が決めてよかったのだ。
その他人だって私に対してどんな評価したかいつまで覚えてんのかわかんない。


フィリピンで、そのままでいいって感覚をお母さんたちから学んだ。

 

日本で働いて。引き継ぐとき、完璧な引き継ぎはないし、工夫して変えるとこは変えたらいい。って言われてほっとした。

 

インド来て。
教わらなくても自力でちゃんとこなさないといけないと思うパターンにはまった。
分からないことを言語化するのに苦労した。
旅は先が見えなくても平気なのにな。
相手の不安を引き取ってあげてしまっていたかも。その義務は私になかったが。
自分をまもることを学ぶ機会だったのかも。
ステークホルダーの評価は大事かもしれない。でもそのステークホルダーはあなたの人生にとって大事か?

 

完璧とか幻想なんだよなー
だいたいのものはグラデ。
だからカラフル。


感情もお天気みたい。いつも晴れは無理。

あ。インド人は雨降るといい天気っていう。

全部いい天気かもね。

 

めっちゃ脱線。


脱線ついでに
チャイ屋さんやってみたい。
店舗持たずなら数年以内にトライできるかも!?
この体験記おもしろい。
 http://www.tinyhouseperiodicals.jp/archives/6476
チャイって意外と認知度そのものが低いと!?
市場調査からだなー。

 

ラダック day 1 走れない時は歩くか休むしかない

自分は大丈夫と思っていたけど(その思想がもうおばかである)

ちゃっかり高山病になった!

貧血みたいになり、立てなくなって座り込んだ。


ショール屋の兄ちゃんが、中入って休みな、と言ってくれた。
3時間くらい寝てた。。…(´・ω・`)

 

PCの強制終了みたいだな。
身体のサインの大事さにまた気づかされるのであった。
旅行でさえ、がんばって色々見ようとしちゃって。無理は禁物である。。
ゆっくり歩かないとだめだよーって。
休むのって時々とてもむずかしい。

 

倒れるときって誰か助けてくれるのだな。
やさしいな。
ありがたかった。
ビスケットとハーブティまで。
私はかれに何もしてあげたことなかったのに。
Pay forward かな。


ひとりのようだ、とさまようこともあるが、
本当はとても支えられている。
ありがとうね。

と思いつつこの日はまだゆううつに浸っていたような。

 

街並みの背景の空がすがすがしい。


f:id:jfc_maligaya:20170814222447j:image

 

復活して、スープモモ(sue goyaja )食べて、寝た。野菜が美味しい。

 


f:id:jfc_maligaya:20170814222123j:image

 

 チベタンマーケット。

ポットかわいい。バングルも。


f:id:jfc_maligaya:20170814222343j:image


f:id:jfc_maligaya:20170814222539j:image


f:id:jfc_maligaya:20170814222603j:image

シンギングボウルをついに購入。

今までしっくりくるのなかったのだが、

ぴぴぴ。

 

 

ラダック:レーleh/パンゴン湖/トゥルトゥク 〜ゆるり 旅程の組み方

すこし、記録してみる気になってきた。

こんな状態で外出する資格なんかないかなぁと自分を抑圧していたが、
思いっきり忘れてどっか行ってみたら?
と言ってくださる方があり、ラダックへ。
6泊7日。ゆるり。ありがたし。

今更だけど、インドってどんなイメージでしょうか。
カレー
牛の歩く道
混沌と猥雑
それも好き。
そして私はインドの山も好き。

ラダックはインドの北のほう。
4000m 5000mのところに山や村がある。

旅程は
○1日目 デリーから飛行機でレーへ。
一時間半くらいのフライト。
昼過ぎには到着。
高地に慣れるため、それ以上

上には行かない。
(マナリから陸路ならばもう少し慣れてるから動いても大丈夫という説あり)

○2日目
レーの高さでもう少し慣れるのを待つ。
現地の旅行代理店でパンゴンやヌブラ渓谷行きの車手配、同エリアへの入場許可書の手配を依頼。
レーにあるshanti stupa やleh palaceに行ってみる。(少し高度上がる)

○3日目
ヌブラ渓谷へ
朝6時レー発
>9時ごろだっけか。ディスキットでゴンパ(僧院)をみる
>15時ごろかな、トゥルトゥク村到着。散策&宿泊

○4日目
朝8時トゥルトゥク出発
>フンダルでラクダに乗る
>ディスキットで四輪バイクに乗る
>16時ごろ?レーに戻る

このヌブラの車が5人で割って2500ルピー。
一人でツアー会社行ったが、
そこで奇跡的に知り合った日本人の子と、
他に似ている旅程希望のインド人とすりあわせて、一緒にいくことに。
入場許可証は600ルピー。
日本人相手に日本語対応してるとこだと二倍以上するが、
私はローカルのほうが出会いがあって好きだ。
ディスキットの宿は、ドライバーさんのつてで。500ルピー。

○5日目
8時にレー出発、15時ごろパンゴン着。
テント泊。
車代が6人で割って一人頭2500ルピーくらい。テントはまたドライバーさんのつてで1000ルピー。

○6日目
8時パンゴン出て、14時ごろレーにもどる。
ぷらぷらゆっくり。

○7日目
昼前のフライトでデリーにもどる。

高山病予防のため、ついて2日は無理せず休むことをおすすめ。
高山病の薬(ダイアモックス。インドの薬局で買える。100ルピーくらい)は、
渡航の3、4日前から飲むのがいいらしい。しらんかったーー。
1日2錠。1回あたり0.5錠でおっけ。
インドの薬強いっす。

ヌブラ渓谷やレーは8月はそこそこ暖かいので薄手長袖で一日中ok。朝夕は涼しいくらいか。日差し強い。要保湿。
パンゴンは昼でも寒かった。ダウンいるくらい。6、7月はもうちょいあったかいらしいが。

旅する人へのご案内はこんなところで。
次から心模様編。