Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

あたらしい生き方 トニージャット

大学の時のゼミの先生とお茶した。

ナリワイの伊藤さんの話をしてたら、

この本を勧めてくださった。

Tony Judt
Ill Fares the Land

著者はTuesday's with Morryの作者と同じ病気だったらしい。

身体がだんだん動かなくなる。

大事なものはなんだろうね?

読んでみよう。

 

アマゾンより
A gift to the next generation of engaged citizens, from one of our most celebrated intellectuals. 

As the economic collapse of 2008 made clear, the social contract that defined postwar life in Europe and America-the guarantee of security, stability, and fairness-is no longer guaranteed; in fact, it's no longer part of the common discourse. Tony Judt, one of our leading historians and thinkers, offers the language we need to address our common needs, rejecting the nihilistic individualism of the far Right and the debunked socialism of the past. In reintroducing alternatives to the status quo, Judt invigorates our political conversation, furnishing the tools necessary to imagine a new form of governance and a better way of life.