Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

災害に備えて何を準備しておいたらいい?非常食は何日分? ポリ袋、ラップ、ランタン、ウェットティッシュ…  

 
災害に備えて何を準備しておいたらいい?非常食は何日分? ポリ袋、ラップ、ランタン、ウェットティッシュ

 

防災のセミナーに参加した。

やるべきことが、 とても具体的だった!


(1) 市が警戒する災害(→個人にとっても警戒すべき災害)
地震、雨雪といったハザード(事象)自体が問題なのではなく、 それによって起こる災害(地震による倒壊、圧死など)が問題
・揺れると「揺れている?」 と立ち止まったり上を見たりしがちだが、すぐ隠れて
・買い物の時は、買うものが少なくても必ずカゴを持つ→ 揺れたらすぐ被って頭を守る
・耐震基準を満たすのは1984年以降に建った建造物。


(2)自宅快適避難グッズと必要量~自助が7割
●水:1日1人3L×家族分×7日分
●ポリ袋:生ものに触らないことが大切
●ラップ:食器にかぶせて洗浄水を節約。止血にも。(長/ 短を各5~10本)
●LEDランタン、ヘッドライト、携帯ラジオ
●口腔ケア用ウェットティッシュ

口腔内衛生が原因で東日本大震災では200名以上が肺炎で死亡
●非常食 レトルトやフリーズドライを7日分以上(災害時は冷蔵庫/ 冷凍庫内のものから食べる)
・クーラーボックス、カセットコンロ・ボンベ
・簡易トイレ、新聞紙(紙食器、身体に巻くと暖かい)
・からだふきウェットタオル

 

【わたしのアクションプラン】

・実家に連絡してみる

・大家さんに耐震が大丈夫か確認(1984年以降に建っていれば 大丈夫と聞いたのですが、、)

・大家さんに家具の固定を依頼(冷蔵庫など)

・職場のキャビネット固定など確認→済

・お水を買う(ちょっとずつ、または、ネットかな)

・ランタンを買う→問い合わせ中。ソーラーLEDにしようかと。 寝る前の読書にも使えそう。

・缶詰、レトルト、フリーズドライを少しずつ買う( 久しぶりに買った缶詰、結局、次の日食べてしまった← 少しずつ増やしておこうかと、、というか、 食料品いれてるとこ整理しやな、、 インドカレー用に豆もよく置いてるのはいいアイデアな気がしてい る。あんまりレトルトに惹かれないんだけど。。)

・ウェットティッシュ、ラップ、ポリ袋準備しておく。

・使っていない給水器( いつかチャイを外で売るときに使おうと思ってとっといたやつ) を洗って水溜めるのに使おうかな?