Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

絵本の日本語訳ポイント3つ:本質、音、絵の意味

 
絵本の日本語訳ポイント3つ:本質、音、絵の意味

読み聞かせのために、絵本の翻訳することになったので、 絵本の翻訳のコツについてしらべてみた。

 

絵本翻訳者の灰島かりさんへのインタビュー。

今回、読み聞かせで使う本を思い浮かべつつ…

http://www.asahi.com/english/ weekly/1028/05.html

 

ポイント1:絵と文章が「拮抗」…短くする必要。→その本の本質 をつかむことが必要(映画の字幕翻訳と似てると思った)

 

本質…なんだろう。影絵と、影絵を作っている子ども、お父さん、 おじいちゃんの連動。主語はぼくで、 ぼくはぞうさんの影絵を作っている。

 

ポイント2:読み聞かせで使われることも多いため、音も重要→ゆ っくりはっきり読んでみる

*基本的に日本語は「~しました」 という普通の終わり方になってしまうため、ライム(脚韻) にならない。

中身を変えずに、いかに日本語として楽しく訳すかが大事。

灰島さんの例)

たくさんの脚韻が使われているロアルド・ダールの『 へそまがり昔ばなし』(原題『Revolting Rhymes』)

 たしかにみかけは、ハンサムおうじ

 でも、よく見ればもんだいじ

 人を殺して、だいさんじ

 最後を「じ」でまとめて、リズム良く。

 

ポイント3:「絵を読み取る力」も大事。絵本作家が書く絵の意味 を分からないと、まぬけな訳になってしまう。 絵を読み取る力をつけるには、 とにかくたくさんの絵や絵本を見ること。

 

【素敵だなと思った灰島さんのコメント】

*「良い日本語は、なにも上品ぶった日本語ではないんです。 言葉と心はとっても密接に結びついているので、 いきいきした日本語が一番ぴったりくるんです」

*「子どもたちは言葉の発達途上にあるわけです。 言葉をなめたり噛(か)んだり、 言葉と遊んで身につけていくんです」

 

参考:

http://www.asahi.com/english/ weekly/1028/05.html