Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

かんたんだけど深い…じゃがいもクミン炒め(aloo jeera あるじら)作ってみた、レシピ

クミンとじゃがいもが合う、シンプルなレシピ。

だけど、ホントは深い…

参考にさせていただいたふかーいサイト

https://wirelesswire.jp/2019/03/69676/

 

■材料(3人分くらい)
・ジャガイモ
小さいの6個くらい(とうややメークインなど崩れにくいもの)
→食べやすい大きさに切る(1×1.5センチくらいだと小さくて炒めるのはラク。皮は基本はむくが、私はむかない派)
・ニンニク、ショウガ(ペーストがあると便利。小さじ1-2くらい。)
・玉ねぎを粗みじん、あるいはスライスする(お好みで)
・トマトは粗みじんに切る(またはカットトマト大さじ3-4)
・ホールスパイス:クミン(小さじ2くらい?もう少し入れてもいいかも?)
・パウダースパイス:パプリカ、ターメリック、カイエンペッパー(サブジ用のミックスでも。小さじ2くらい)
ガラムマサラ(あれば)
・サラダ油(大さじ1)
・塩(小さじ1強)

■作り方
1)鍋にサラダ油を熱し、クミンシードを入れ、焦がさないようにゆっくり弱火で加熱する。


f:id:jfc_maligaya:20190922203749j:image

2)香りが立ってきたら、ニンニクのみじん切りを加えて炒める。
3)ニンニクがきつね色になったら、玉ねぎとショウガを加える
(2-3は、ズボラバージョンで、にんにくしょうがミックスペーストで一気にやってもOK)


f:id:jfc_maligaya:20190922203803j:image


4)玉ねぎが透き通ってきたら、トマトを加えてさらに炒める。トマトが崩れてきたら、パウダースパイスと塩を加える。
馴染ませながら、パウダースパイスに火を入れる。


f:id:jfc_maligaya:20190922203830j:image

5)ジャガイモを加え、表面に火が通ってきたら、水を加える。
(カットトマトだと元から水分があるので、水は入れなくてもよさそう?と思ったが、思ったよりシャキシャキに仕上がったので、やっぱり入れたら良かったかも…)


f:id:jfc_maligaya:20190922203850j:image

6)ジャガイモに火が通るまで煮込む(フライパンに蓋をする)


f:id:jfc_maligaya:20190922203901j:image

7)仕上げにガラムマサラを少々加える(お好みで)