Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

南インドのココナッツ香味炒めもの、アビエルを作ってみた。切って炒めて混ぜるだけのかんたんレシピ。


カラフルインドカラーのアビエル!

南インドの、ココナツとヨーグルトベースの炒めもの。

もちろん、クミンやマスタードシードも効いてます。
f:id:jfc_maligaya:20190912165030j:image

■材料 7-8人分くらい?()内10人分強

*こんどカフェで出すので大人数レシピなのです。


-にんじん 1本(1.5本)
-じゃがいも 小6個(小10個)
-メークイン、とうやなど、形が崩れにくいもの。(男爵とかじゃないもの)
-いんげん 100グラムほど→2つかみくらい(150グラムほど)
-サラダ油
-塩 小さじ2(2.5)
-ココナッツファイル 大さじ1.5〜2(大さじ3ほど)
-プレーンヨーグルト 大さじ4(大さじ6)
-クミンシード 小さじ1.5(小さじ2弱)
-乾燥赤唐辛子あれば、2本を小口切り(2〜3本)
-生の青唐辛子(あれば)
-マスタードシード 小さじ2弱(小さじ3弱)
−ココナッツオイル(テンパリングで使いたい方はお好みで)
カレーリーフ(あれば、テンパリングに加えると良い香り!)

 

■作り方
(1)野菜のカット
にんじん、じゃがいも、いんげん
7ミリ×7ミリ×3-4センチほどにカット。
じゃがいもを水にさらしておく。


f:id:jfc_maligaya:20190912164741j:image

今回は、とうや。コロコロ小さい。(^^)

 

じゃがいもの皮は剥かなくていい派。
にんじんも、軽く包丁の背でこそぐくらいでいいと思ってる派。

 

(2)ココナッツファイル、クミンシード、ヨーグルトを混ぜる。


f:id:jfc_maligaya:20190912164725j:image
f:id:jfc_maligaya:20190912164808j:image

(3)フライパンにサラダ油を熱し、じゃがいも&にんじんを炒める。
じゃがいもが半透明になったら、水を少し(大さじ1〜2)加えて、蓋をし、弱火で2分ほど煮る。蓋を開けて水分を飛ばしながらさらに3分ほど煮る。


f:id:jfc_maligaya:20190912164824j:image

*アルジラも、じゃがいも炒めてから、水を加えて煮るなぁ。水を入れることでひっつくのを防いでいるのかな。インドの炒めものは柔らかく仕上がるのが好まれると感じます。

 

(4)いんげんを加え、火が通ったら(2)を加えて、塩で味を整える。


f:id:jfc_maligaya:20190912164841j:image


f:id:jfc_maligaya:20190912164854j:image

(5)テンパリング
ココナッツオイルまたはサラダ油を大さじ2ほどフライパンに入れ、
赤唐辛子(好みの量)、マスタードシード(小さじ1-2くらい)、カレーリーフ(あれば)を入れて香りを移す。


f:id:jfc_maligaya:20190912164917j:image

→それを野菜に合わせ、なじませる。


f:id:jfc_maligaya:20190912164931j:image

出来上がり!


マスタードシードの香味が、南インドらしくて、やはり、いい(^^)
ココナッツの甘みも癒やされる気分。
赤唐辛子がさり気なく効くので、
ヨーグルトのデザート(カシスオレンジのジャムを添えて)をつけてみた。


f:id:jfc_maligaya:20190912165000j:image

 

Be happy:)😘😋