Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

相談スタッフとの相談後のひととき コーチング的関わりを意識して~ スタッフ自身への注目とフィードバック~

 
相談スタッフとの相談後のひととき コーチング的関わりを意識して~ スタッフ自身への注目とフィードバック~

 

こないだコーチングを受けた時に、
相談スタッフとの相談後のひととき、 ブリーフィングについて相談した。
どんな問いかけがいいのか、いまだにクリアに見えず試行錯誤で( 試行錯誤もいいことだが)


そのコーチング&その後の友達と話す中で& スーパーバイザー的な社会福祉士さんと話して
自分の中で大事にしたいなと気づいたことは


1.(相談者に関するファクトだけではなく) 相談スタッフ自身が感じたことにもフォーカスする🏹
2.スタッフが上でこちらが下(縁の下のジム職だから…) とかでは、なく!、フラットに⚖
3.うまく聞こうとせずに、流れにのって、 自分自身の好奇心の強さをいかす。😍
4.フィードバックする。 こちらが感じたことを伝えるのも価値になる。🔙
5.相談スタッフ自身からみた、 相談者の相談前後の変化に触れてみる⏩

 

やってみた。

「」はわたし。

""は相談スタッフ。

 

今日はどんな方が来られましたか?」

”電話で相談があって。どこどこの、何年生の、これから呼び寄せて学校入るところで、
お父さんから。これまで~~してて、~~~探してて、
~~調べて、伝えて、~~~”

 

「~~~(おうむ返ししたりしつつ)~~ 
 ありがとうございます!」

 

○○さん(スタッフの名前)から見て、 相談者さんの印象はどうでしたか?」
 (*相談スタッフ自身が感じたことにフォーカスする)

 

”焦ってる感じ。~~~~”

 

「なるほど、でも○○さんがお話しを聞いてくださって、 情報提供してくださって、
 相談してくださったお父さんも、最初は焦ってたけど、相談の後、ほっ、 とされたんじゃないかな、
 と、今聞いていて思いました」
*フィードバック、相談者の相談前後の変化)

 

”そうだね!~~~~!”

 

「よかった~ありがとうございました。相談者さんとはずっと△△ 語でお話されたんですか?日本語は使わず」

 

”うん、でも最初電話かかってきたとき、*中国語いいですか? *って、日本語で言ってましたよ”


というような流れになった。


いい感じに聞けて、お互いにほっこりできた気がする!