Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

帰国生も、移民の子も、 多様なバックグラウンドという意味で共通している!

 
帰国生も、移民の子も、 多様なバックグラウンドという意味で共通している!
帰国子女枠は偏差値高い学校のかっこいい枠で、
外国人等特別枠は偏差値低い学校の枠、
ってなってしまっているのは、
なんか、ちがうのでは。


ほんとはどちらも大切な多様性で、
日本生まれ日本育ちの子にとっても、

いい影響があるはずなのに。


外国につながる子どもたちの進路保障

~ 小中学校の支援を経て高校、大学へ~ 

上智大学でのシンポジウムより。


”米国の有力大学では「多様性に配慮した入試」 を擁護するため調査を実施。

フランス政治学院は移民向け入試を導入(全体の10% が移民枠入試)

帰国枠の前例があるのだから、 日本でも多様性の観点を導入することは可能。”


来日時期を1.2~2. 0世と細かく3年ずつくらいに分けて、

日本語の力と進学率のことを 分析している先生がいたが、
バイリンガリズム・マルチリンガリズムってなんか諸説あって
結局わからない、という感想に私としてはなってしまった。。


f:id:jfc_maligaya:20190810224717j:image

小学校高学年以降に来日だと、
母語で学習言語(日常会話じゃなくて、勉強するための言語能力) があるから、
それを基盤にして外国語も伸ばしやすい、 とカミンズが言っていますが。
http://www.edu.city.kyoto.jp/ sogokyoiku/kenkyu/outlines/ h22/kiyou/546.pdf

 

 

シンポジウム当日資料はこちらから。
https://drive.google.com/ drive/u/0/folders/ 1dwEhnlXrjL6- 97c2YrWDSOdA5rHsubn_