Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

外国人材の日本語能力に共通指標 受け入れ拡大に備え:日本経済新聞

外国人材の日本語能力に共通指標 受け入れ拡大に備え:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44997970Z10C19A5CR8000/

 

文化庁によると国内の主な日本語試験は約20種類ある。各試験の成績が指標のどの段階に当たるかを示すようにし、企業や大学などは異なる試験の成績でも、同じ指標に基づいて人材を選べる。

企業や大学などが求める日本語レベルを統一の指標で示せば、日本語を学ぶ外国人にとっても目標が明確になる。

また仕事や生活では話す力が大切だが、対象外にしている日本語試験が多い。最大規模の国際交流基金などによる「日本語能力試験」は、話したり書いたりする試験はない。指標を作ることで話す力を見る試験を作りやすくなり、民間による開発が進むことも狙う。