Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

おうちダグダガイ記録と足つぼ旅日記

帰省の際に、母と妹にダグダガイした。
受ける前は面倒くさがられた…が、
受けた後、

母は、
また今度帰るときその棒持ってきて。
軽くなったわぁ。
と言っていたので、良かったです。


母は肩こりさんなので、
(ダグダガイとは違うけど、)
台湾や大分で習った足つぼを取り入れて
僧帽筋や肩のツボをグリグリゴリゴリしたのも良かったかと。
母の足は基本結構柔らかいとおもう。
私が硬いのか?

 

妹は、足の毛が伸びてる、

と言って恥ずかしがって?いた。
たしかに、私も処理できてないときに行くの恥ずかしいかも。
しかし、このところよく行くリフレ屋さんは、スタッフさんがみんな台湾か中国の人なので、(だから気にならないってのもいいのか分かんないんだけど)気にせず行かせてもらってる…


妹の足は母と対照的に、結構張っている。
あと、二本の竹の棒でこそぐのが、
こそばゆく感じるらしい、
こそばいと、心地よいは、多分紙一重とおもうが。
痛いときは痛いと言うけど、あとは無言。
でも聞いてみると、

気持ちいいときは特に何も言わんらしい。

私も自分が受けるときはそうかも。

施術する側になると、気持ちいいときも言ってほしいけど笑


f:id:jfc_maligaya:20190623205346j:image

多分、もう少し修行したら、

クライアントが心地よさを味わってる瞬間も、言葉じゃなくて、相手の体に触れながら分かるようになるんかな。

相手の呼吸や、肌の色の変化とか、

身体のこわばりの変化とかから。

 

てなわけで
ダグダガイ研究所の活動は続く。


ついでに、好きなリフレ屋さんの最近の感想。
最近、指名するようにしている。
そのほうがお互いモチベ上がる気がして。
ホットペッパー経由だと予約する時に指名できるので、あまり気を遣わなくてすむ。

 

こないだは、数回指名させてもらってる人(Tさん)が空いてなくて、
他の方(Kさん)にお願いした。

一つひとつのツボを意識して丁寧にアプローチしている感じで、軽くなった(^^)
いきなり足裏だった。ふくらはぎからではなく。
終わったあとの肩ほぐしがなかった。
逆にいうと、いつもの肩ほぐしでの締めがありがたかったんやな。
私も足やるとき、最後に肩ほぐし入れたらいいかも、と思った。
淡々とやる感じやった。
前に指名したTさんは、
疲れてるねえー!かわいそうに!(^^)
という感じで、フレンドリーなおばちゃん的雰囲気も好きやな。
人によって違っておもしろい。

 

数日前に読んだ記事で、
こういう、身体整えることは、
よいパフォーマンスを人が出す上でとても大切なのに、

身体のメンテナンスの仕事してる人は単価安い、と言ってた。
確かに。
まぁ、高いとこは高いけど。
値段と技術が比例してるわけでもないしな。
今行ってるとこは、激安ではなく、高くもない。あまり高いと定期的に行きづらいしなあ。
でも生活の木アーユルヴェーダは一回行ってみたいかも。
アーユルヴェーダ、日本だと高いけど。
(なんでだろう?!)
自分がやるときは、価値を感じてくれる人にやりたいなと思った。

おしまい。