Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

南インドの薬膳的炒め物ポリヤル~キャベツの甘み! かんたんおいしい^^

ポリヤルporiyalとは、ざっくりというと、 南インドの炒めもの。
インド料理=カレー、辛い
というイメージがあると、 ポリヤルは意外と優しい味かもしれない。
カフェのランチプレートでポリヤルを含めて出させていただいた時 は、
お客さまから、「 薬膳みたいで素材の味がいかされていておいしい。 レシピを知りたい」との声があって、嬉しかったです。
ちょっといつもと違う野菜炒めをやってみようかな、 なんて時にもいいかと。


では、レシピをどうぞっ
【材料:軽め7食分】
●キャベツ400g だいたい小玉ひとつ。→6㎜ほどの、短冊切り
カレーリーフ(あれば)5枚ほど
●ココナッツオイル(なければ、サラダ油)大さじ1.5
マスタードシード 小さじ1強
●ウラドダル(なければ、ムングダル。なければ、豆なし) 小さじ2
●ヒング(あれば)小さじ1/8
コリアンダーパウダー小さじ1
●塩小さじ2


【作り方】
1.フライパンにココナツオイルを熱し、油が温まったら「弱火」 に。マスターシードを入れ、パチパチと弾けたところで、 ウラドダルを加え、軽く色がつくまで炒める。 カレーリーフを加え、さっと炒まったら、キャベツを入れ、 弱火のまま炒める。


2.キャベツに油やダルがなじんできたら、塩、ヒング、 コリアンダーパウダー入れ、弱火でしんなりするまで炒める。


【ポイント】
インドの炒め物は、 強火でさっと炒めてシャキシャキ感を味わうのではなく、 弱火でゆっくり、しんなりするまで炒めることが多いです。 フライパンにふたをして炒めることも。
スパイスを炒める時の音や香りを楽しみながら、 五感をとぎすませて料理すると、 平安な気持ちになれると思います。