Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

平和というテーマは遠いものなのか?~平和は社会的な産物

ポンナレットさんのお話を聞いた。

緑色の、シルクかな、 つやのある美しい服をまとっていらっしゃった。


平和ってなんだろう?

平和について考えることはありますか?

機会がない?ほんとうに?


ポンナレットさんは、ポルポト時代を“生き延び”て、 縁あって日本にのがれてきた、
という経験を持つ方。
ポンナレットさんにとって、「平和はいのちの次に大事なこと」 と言われていた。
生き延びた意味を考えるのだという。
……伝えることが、役割ではないか、と。


日本にのがれてきた後、19歳で、海老名市の小学校に入る。
「学びたい気持ちが抑えられなかった」のだという。
20代で中学生。
結婚、子育てを経て、お子さんが小学生になり落ち着いた頃、
ご自身は30代になった時に、通信制の高校へ。


*わたし自身、 外国につながる生徒さんに間接的に関わることは多いけれど、
学ぶ意欲を削がれているケースもあって、 どういう環境づくりが必要なのかな、と思う。
ベースとしての先生や周りとの信頼関係、安心感や、親御さんの考え方や。


講演は、カンボジア語のあいさつで始まった。やわらかな響き。
タイ語ラオス語のルーツでもあるという。
確かに、タイ語よりさらに複雑な文字に見える。
カンボジアの歴史を、手書きでまとめたものも見せてくださった。


社会状況は、かのじょの人生に深く影響を与えてきた。
意識していないかもしれないけれど、 本当はわたしたちだってそうだ。


5人の兄弟、3人の姉妹と、両親の10人家族。
クメールルージュで虐殺に遭い、残った家族は4人。


1975年、 ポンナレットさんが10歳の頃に始まったポルポト政権。
“4年続いた”政権。それは、支持する人がいたから。
国民の半数くらい、当時は支持していたという。
75年の4月17日、プノンペンから強制退去。
当時は、「3日間だけ移動せよ」、という始まり方だったという。
当時の写真が残っている。
(写真家の一ノ瀬泰造さんは、 シェムリアップ州で処刑されたという。 かれはベトナム戦争中に日本に一時帰国していて、 ホーチミン市戦争証跡博物館にはその関連の展示もあるようだ。 )


*そんな、お試し感覚を装って騙すって、巧妙さが、 ひどさを引き立ててしまっているように思う。
他人や、”国家”から持ちかけられる“実験”は、 気を付けないといけないのかもしれない。。
日本だってそうだ。。
そして、洗脳って、本当に恐ろしい。。。
自分の”常識”・”ふつう”と違うものに触れるって、” いのちをまもるため”にも、必要なことなんだと思う。Be critical.


教員の母、知識階級の父。中学校以上は知識階級だとみなされた、 という。
(ちなみに、小学校4年生から、 学校ではフランス語を学ぶようになっていたそうだ。)
仕事に行った、と思ったら、いつのまにか強制連行されていた。( つまり、殺された)


食べるものがない。タランチュラも食べていたという。
向こうも猛毒もちだし、命がけで命をもらっていたのだろうな。。
かれら(虫たち)に助けられた」とお話しされていた。


小学生の頃、 祖母から戦争の頃のごはんの話を聞いたことを思い出した。
お米がとても少なかったから、ほんのすこーしのお米に、 大根の葉っぱを入れてお粥を作っていた、
と聞いた記憶がある。
第二次世界大戦を直接語れる人がどんどん減っている中、
戦場が日本であったかどうかや、争いの種類の違いを超えて、平和について考える生身の経験に触れることや、
たとえ間接的であったとしても、
(私ぐらいの、)直接話を聞けた世代が、 次の世代に伝えていくことも大事なんじゃないかと思った。


平和をつくれるかどうかは、社会次第。
そして社会は人間の集合体なんだ。