Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

旅作家・小林希さんの講演に行った

どうやって、

旅して、撮って、書いて、

を仕事にしているのか気になって。

/

初々しいみずみずしいかのじょの初執筆を購入。

かのじょの生い立ちから、プチ心理学の話まで。

小学生くらいから自由なかのじょはクラスで浮いていてモノクローム、暗い気持ちやったらしい。

お父さんの赴任先だったマニラに家族で訪ねて、

物乞いや貧しさに衝撃を受けた。

その時お父さんは、貧しく見えるかもしれないけどみんな助け合っていて、心は豊かなんじゃないかな、というようなことを言ったそうだ。

それで小林さんは、

せまい世界でくよくよしない!

と思った。

旅が世界をカラフルに変えた。

それはなんか、自分がマニラのNGOで気付かされたことと重なった。

 

アメブロの出版社を経て、世界を旅して、

他の人のブログ記事書いたり、本執筆したり、講演したり、11月からオンラインサロンはじめたそうな。

 

印象的やったのは、

本を出したいならまず原稿を出す

当たり前なのだけど

渡せる原稿を書き上げてreadyな人は少ない。

シンプルだけど、

そっか……!

と思ったのでした…

 

最後の方に同じテーブルの人とちいさなワークをやった。

自己紹介を聞いて、短所もポジティブ変換して他者紹介するのと、

それぞれの人を色のイメージで伝えるという。

他者紹介、芯があって自分の気持ちに正直って言ってもらえて(自己紹介はグダグダになってしまったんやけど😅)ありがたかった。

色は、温かみのあるオレンジ、原色ではない、透明の上に部分的に深緑がある感じ、など面白かった。

大事なのは、見る人によって色のイメージだって、なんだって多様だから、

人にどう思われるかなんて気にしなくていいってこと。

自分のなかの灯りを見てくれる人を信じたらいいのだと思う。

たのしい、エンパワーされる会でした(^^)