Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

How to Be Everything 飽きっぽい私をほっとさせてくれるキャリア構築論?!

興味が割とマニアックで、

それに素直に生きてきて経歴がまたマニアックで、

でも終身雇用スタイルじゃないし、

関心あることをひとつひとつチャレンジしてるから

仕事探しはいつも紆余曲折する。

 

How to Be Everything(原題)

マルチ・ポテンシヤライト(邦題)

は、

マルチ・ポテンシャライト

という概念と、4タイプのキャリア構築作戦を提示する。

 

 

おしながき すなわち 目次

◆目次◆

Part1 あなたが「なりたいすべてのもの」になる方法
ようこそ、「マルチ・ポテンシャライト」の世界へ
第1章 マルチ・ポテンシャライト
──世間にしばられず、複数の天職を追求する人たち
第2章 マルチ・ポテンシャライトのスーパーパワー
第3章 マルチ・ポテンシャライトが幸せに生きる秘訣
Part2 マルチ・ポテンシャライトの4つの働き方 十人十色
第4章 グループハグ・アプローチ
──ある一つの多面的な仕事に就き、その中でいくつもの分野を行 き来する
第5章 スラッシュ・アプローチ
──パートタイムの仕事やビジネスを掛け持ちし、精力的にその間 を飛び回る
第6章 アインシュタイン・アプローチ
──安定した「ほどよい仕事」をしながら、情熱を注げる取り組み をほかに持つ
第7章 フェニックス・アプローチ
──数カ月、数年ごとに業界を移り、興味を一つずつ掘り下げてい く
Part3 マルチ・ポテンシャライトたちの課題
“ドラゴン”の倒し方を教えよう
第8章 自分に合う「生産性システム」のつくり方
第9章 マルチ・ポテンシャライトが抱く「不安」に対処する

 

 

飛び回っちゃうアイデンティティも愛せますように