Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

負けない心を息子に持ってほしい(石田衣良さん回答):日本経済新聞

負けない心を息子に持ってほしい(石田衣良さん回答):日本経済新聞 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO36638940Y8A011C1W11300/

 

病は現代の病でも、心が弱いからなる病気でもありません。そもそも心が強いとか弱いとか、誰がどう決めるんですか。ぼくには意味がわかりません。早く治れ、がんばれとむやみに励ますことも、多くの場合鬱病患者には逆効果です。

 

意味がわかりません、と言い切る力強さがすてき。

 

衣良さん、フリーターしてたこともあったんだな。

なんか、社会の生きづらさを描いた作品はややドライな気がしていたけど、なぜなんだろう。しがみつけと言われているような。

 

娼年と逝年はとても、とてもよかった。

弱さや脆さを柔らかく愛おしんでくれる。

/

/

生きていく上で身体感覚は必須だわ。

自分の身体、その感覚に耳をすませていたい。