Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

倚りかからず マジョリティに絡め取られなくていい

茨木のり子さん
倚りかからず
を、読んだ。

 

疲れてるとき、投げやりな気持ちなときに効く言葉たちだと思う。

●お休みどころ

"お休みどころ
やりたいのはこれかもしれない"

15歳の、のり子さん。

私もやりたいの、そういうことかも。

チャイの味は今も覚えてる。
のり子さんにとっての駅員さんの渋茶のような。


●時代おくれ
何が起ころうと生き残れるのはあなたたち
まっとうとも思わずに
まっとうに生きているひとびとよ

自然とつながって生きていたい。

シッキム ブータン ヒマラヤ インド
意外にも?あのあたりの地名がたくさん出てくる、のり子さんの詩。


f:id:jfc_maligaya:20181015235455j:image

●笑う能力
残っている、、はず

 

●苦しみの日々 哀しみの日々
自己省察の機会、なのだ。

疲れたとき、違う角度からその状態をみて、
それでいいのよ、社会に絡め取られなくていいのよ、
って言ってもらえるような気分。
ありがとう、のり子さん。