Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

初心者でもできる!基本のタイ古式マッサージ施術技を習ったメモ

 

タイ古式マッサージをやってみるワークショップに参加した。
ヨガフェスにて。
.タイ古式、ハズレがないというか、もみ返しもないし、安心して呼吸を深められるなぁと思う。

●タイ古式の特徴は?
1.ベッドなしで、床でできること
2.ストレッチとマッサージを両方できること
3.セラピストも健康になる(^^) (二人でやるヨガ、とも言われる)

タイ古式初めての人(初めてなのに施術のワークショップ来るってすごいなと思った)
は、痛そう…と言っていたけれど、
伸びて気持ちいいものだと思う。

●3つの技を覚えた!
a)ふくらはぎと腿の両側!加圧
表も裏も一気に圧をかける
→挟む!相手の足を自分の足で。👣
1.相手に仰向けに寝てもらう。ちょっと肩幅くらいに開かせておく。(自分の手で相手の足の位置を調整してもよし)
2.相手の足の外側に立つ。お尻を足の方に向ける。
3.相手の踵を包んで持ち、足を自分の膝下くらいまで持ち上げる。
4.自分が正座する感じで、自分のふくらはぎの少しかかと側くらいの、柔らかいところに、相手の足(ふくらはぎ)を乗せる。
5.ゆっくり座って、相手の足を挟む。
体重まるごとかけちゃって大丈夫😉最初怖いけど。
6.少しずつ背筋を伸ばし、相手の反応を見ながら圧をかける。
7.少し膝側にずれて、同じように。
8.腿は、両足ではなくて片足で挟む。相手のかかと側にある自分の足を立てる。
9.太腿の根本をやると、流れていい感じ(^^)
★自分のおしり、足も、なにげに気持ち良い。

b)股関節をぐいーっと広げる
1.相手に仰向けに寝てもらう。
2.相手の両足の間に立つ。
3.相手の右足踵を包んで持ち上げる。そのまま相手の足を曲げて、相手の胸の方へ。やや外側にして、がに股のような角度に。
4.相手の右足裏を自分の左の腰骨に当てる
5.そのまま自分が相手に向かって進み、相手の股関節が広がっていくのを感じる
6.ある程度伸びたら、自分の左の膝下で、相手の内ももを押す。下に降りる感じ。
7.腰を上げたり下げたりして相手のストレッチ具合を感じながら、深める。

c)腕の加圧
1.相手に仰向けに寝てもらう。
2.相手にお尻を向けて、相手腕の外側に立つ。
3.つま先立ちして、土踏まずで腕の上に乗って圧をかける。意外とガッツリ踏んでも大丈夫。
4.肘は避けて、二の腕まで。下腕より、上腕は弱めがいいかな?

いじょう!
身近な人にやると喜ばれそうです。
圧の範囲が広くて、密着するので、ここちよーい。
コミュニケーションにもなる(^^)

 


ヨガフェス、ゆるりとパークヨガだけして、あとは気ままにブース見て、楽しかった。


f:id:jfc_maligaya:20180917222814j:image

心と身体のつながりを感じようね。

月と太陽を見るような、考え方のスタイルを身につけていっている。
最悪なことの中にも最高がある。
僕らの悲しみを誰かが喜びと呼ぶ。
ある人が、すごいチーズナンが好きらしくて、
おぉーうまい!チーズナン!神が与えし食べ物!!と、めっちゃ感動しながら食べてたのが印象に残っている。
たしかに美味しかったんやけど、感受性すごいなーと。
食べ物も、出来事も、今やってる役割も、きっとおんなじで、神が与えし最高のもの!という、みかたもできると楽しいのだろうな。
で、ポジティブばっかも疲れるから、月のように優しく、悲しみを感じるものも味わって、バランス取れるといいんだと思う。

Shanti :)