Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

台湾総統府の見学方法と注目ポイント

個人見学だと予約は要らなくなっています(2018年9月時点)

 

アクセスは台北Main駅から歩いていきました。

ほんとに行ってよかった!

かっこいい。芯がある国と感じさせられた。


f:id:jfc_maligaya:20180915004743j:image

プライドパレードや原発反対のデモの展示も。

なんか泣けたわ。

それをさ、総統の執務してるところに堂々と展示してることが。

 


f:id:jfc_maligaya:20180915005022j:image

蔡英文と猫。

こんな、おちゃめに描かれたのも展示してる柔らかさ、寛容さ、というか。

 


f:id:jfc_maligaya:20180915005127j:image

東京駅や日銀本店と同じデザイナーなのだとか。長野宇平治さん。

東京駅確かに似てる。

屋根は銅なので錆びてみどり。

 

 


f:id:jfc_maligaya:20180915005238j:image

庭は梅の花のような形。


f:id:jfc_maligaya:20180915005313j:image

日本語でガイドしてくださる。

ガイドさん、おいくつか尋ねたら、

最近老けた気がするから年はいいたくない、とのこと。

年配の世代が活かされてるとおもった。

日本はどうかな?御所なんかは、ボランティアでおじちゃんがガイドさんしてたりするね。

 

建物は上から見ると「日」の字の形。

もともと日本占領統治時代に1919年に台湾総督府として建てられたのを使ってる。

日本の日、という意味ではなくて、建物のバランスを考えてたまたま日の字の形になった、とガイドさんは言っていたけど、個人的な思いなのか公式にもそういう見解なのかは不明。

 

歴代総督の展示。


f:id:jfc_maligaya:20180915005955j:image


f:id:jfc_maligaya:20180915010040j:image


f:id:jfc_maligaya:20180915010101j:image


f:id:jfc_maligaya:20180915010119j:image


f:id:jfc_maligaya:20180915010203j:image


f:id:jfc_maligaya:20180915010248j:image

 

内容も展示の見せ方もモダンでかっこよかった!!