Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

バリ舞踊 トランス的なものに惹かれる

バリ舞踊、見に行った。

まずは、やはりルジャンが好きだな。
奉納の踊り。いのり。


他には
◇クビャール・ドゥウドゥック(座って踊るもの)
◇オゴオゴ(新年ニュピの前日に出る山車)
ケチャ
◇パニャンブラマ(歓迎の踊り)
◇バリス・トゥンガル(男性による戦士の舞)
など。
オゴオゴには親子も出ていた。
小学生くらいから、お婆ちゃん世代まで。
目線、表情の凛とした、しっかりした少女がいて、引き込まれた。

 

クビャールドゥドゥック、男性かな?とみえた。
まぁ、性別にこだわらなくてもいいのだけどさ。
諸説あるらしい。

https://balitaksu.com/tari/kebyar-duduk-ja
アルジュナ説もあるのね。
バリ、ヒンドゥーだなぁ。
アルジュナArjuna

●インドの大叙事詩マハーバーラタ』に登場する英雄。パーンドゥの5王子のうちでも最も武勇にすぐれる。
●あるとき,山男の姿をしたシバ Śiva神と格闘したが,シバは彼の武勇をたたえ,神槍パーシュパタ Pāśupataなどの武器を授けたという。クル国の百王子との大戦争においても大活躍する。
●有名な『バガバッド・ギーター』は,彼に対するクリシュナ (ビシュヌ神の権化) の教えである。

https://kotobank.jp/word/アルジュナ-28316

 

男性の艶やかな、鮮やかな舞に吸い込まれた。


f:id:jfc_maligaya:20180820094620j:image

女性の舞のほうが好きかなと思ってたのだけど。
ある意味ヒジュラみたいな、トランス的というか、しなやかな筋肉がありながら、鮮やかなショッキングピンクや金色が映えていて、
力強さと滑らかさを両方持つ動きに惹かれたのかも。

ガムランの音は島の夕日と優しく溶け合って、気持ちよくそろっていて、
祈りの舞をきらきらと煌かせていた。

いつか、あのひとのルジャンもみたいな。
講演で少しだけ見たけど、空気が違ったもの。