Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

「つぶし利く職場がいい」来春入社組7割 転職想定?:日本経済新聞

「つぶし利く職場がいい」来春入社組7割 転職想定?:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34172770V10C18A8000000/

 

リクルートキャリア就職みらい研究所の水野理哉研究員は「経済が停滞した時代に生まれ育った世代なので、安定した大手志向は引き続き強い。一方で大組織で埋もれたくないという意識も高まり、どのようなスキルが身につくか冷静に判断している」と指摘する。

バランス感覚あるのだなぁ。

自分にとって何が大切か、問うことを忘れなければ、きっと納得して生きていけるのではないかな。