Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

バスマティライスの炊き方(圧力鍋使用

バスマティライス炊きました。

インドの誇り。

よき香り。麗しさを われに分かち与えつつ

材料 (1~2人分)

バスマティライス1カップ
水1.5カップ

炊き方 圧力鍋使用

1バスマティライスをお水で2〜3回といで汚れを落とす。水気を切る。

2バスマティライス1カップを圧力鍋に入れる。1.5倍の水を注ぐ。

3鍋の蓋をして中小火にかける。


f:id:jfc_maligaya:20180810235854j:image

4
プシューといったら弱火にして更に5分加熱する。
いい香り!
さらにプシュプシュ言い続けてます。

5(どきどきしつつ)蓋をあける。
水気が飛び、表面に穴があいてきたら火を止める。
耳をすませると、プチプチ言っています。
水分の飛ぶ音かな。


f:id:jfc_maligaya:20180810235911j:image

6
底の部分の水気を返すようにひと混ぜする。再度蓋をし、10分程度蒸らす。

できあがり!


f:id:jfc_maligaya:20180810235922j:image

ちょっとやわらかかったかな?
甘みがある😋
割と鍋にひっついたのはそういうものなのか下手っぴだったのか、、
インドの食堂では圧力鍋じゃなくて普通の鍋のおっきーいので炊いてた気がする。
水ももっと多そうに見えた。
圧力鍋だと別なのかな。
玄米粥も圧力鍋でやってみたい。
炊飯器よりガスのほうがエコ、なのかしら。