Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

南インド料理がアツくなってきてるin神奈川


日本でインド料理といえば、

ナンと、カレー(バターチキンなど)のセットが思い浮かぶと思う。

しかし、最近は南インド料理も楽しめる店が増えているという!

 

先日お邪魔したのが鎌倉バワン。


f:id:jfc_maligaya:20180808155112j:image

鎌倉駅から歩いて10分ほど。

可愛らしい佇まい。


f:id:jfc_maligaya:20180808155159j:image

ミールス(定食)一択


f:id:jfc_maligaya:20180808155220j:image


f:id:jfc_maligaya:20180808155341j:image

 

ほうれん草ムングや、オクラのカレーは南インドらしい香り。

ミントの入ったナスとタマリンドのやら、ズッキーニのスープは、新しい、洋風とのフュージョンな感じ。

正統派と新しいものが混ざっていてたのしい。

久々に、プラオ(炊き込みご飯)にカレーをかけて、手で食べた。

幸せだ〜😋

モンゴルでも手で食べるのを勧められた。

食べ物の熱さを指先で感じて、刺激するのが良いという考えだった。

インドでは、手で食べる、(赤ん坊に)食べさせると愛情が伝わるから、と聞いた。

どちらも素敵な理由だな。

 

南インド料理はまだまだ珍しい、と思っていたら、

他にもある。さすが神奈川。

 

(本の紹介文より)

●ブームはココから世界のカレー

南インド北インド」「ネパール」「スリランカ」「パキスタン」「タイ」「ベトナム
●今日はこんなカレーが食べたい

「カラダが喜ぶカレー」「スープカレー」「野菜カレー」「肉カレー」「キーマカレー」「欧州カレー」ほか
●専門店以外のカレー

「トンカツ店」「食堂」「喫茶店」「洋食店」「カフェ」

神奈川エリアに徹底的にこだわった「カレー本」が発売。最新のカレートレンドからSNS映え間違いなしのデカ盛りカレー、なつかし系カレーまでたっぷり紹介。カレーファン待望の保存版の1冊です。

 

南インドに、鎌倉バワンさんも載ってました。

(ちなみにバワンの意味は

Bhawan"

a building used for a special purpose, such as meetings or concerts.

インドでも、andhra bhavanとか、なんとかバワンっていう名前のレストランがちらほら。日本でも他にもありますね、ケララバワンとか。何となく南の地名がついてることが多い印象。)

 

違うページに、珊瑚礁さんも。

南インド料理ならまだ競合少なくて行けるんじゃない?と思ってたけど、

意外と、もう、きてるのね〜!

私が作るの好きなのは、

ダルとサンバルとチャパティ、、

インド結構好きで複数回渡航してるか、インド人で日本人の作るカレーに興味ある人か、というようなコア層受けのように思われる、、😋

こないだ、自作ダルをインド人の友達にに食べさせたら、

おいしかった!

入れたのはにんにくとターメリックとジラと塩だけでしょ、シンプルでいいね!

にんにくがきいてるね!

と言われた。

当たってる。さすが…!!と感動したのでした。


f:id:jfc_maligaya:20180808160953j:image

 

 

ちなみに!ナンは日本の文化!

インドではもっぱらチャパティです。

ナンもあるけどそんなに食べない。

日本に来たインド人が改めてナンにはまることもあるという。逆輸入。

 

最近はネパール&インド料理と書いてるところも多いですね。

インド料理やさんにネパール人がいるのはよくある出稼ぎパターン。。

 

このところネパール人が急増している。

平成29年6月末現在で、在留外国人数

上位10か国・地域のうち,増加が顕著な国籍・地域としては,ベトナムが23万2,562人(対前年末比3万2,572人(16.3%)増),ネパールが7万4,300人(同6,830人(10.1%)増)となっています。

約10年前と比較すると,ベトナム平成20年末4万524人)は約5.7倍,ネパール(同1万1,556人)は約6.4倍となっています。

出典:平成29年6月末現在における在留外国人数について(確定値)

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00068.html

できるだけ日本で楽しく過ごしてほしいです。

日本人もネパールのダルバート(豆カレーとごはん)を愛するきっかけになれば、、

蒲田のクシバザールも激旨だったのです。

また改めて気が向いたらかきます。

 

おわり!