Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

セルフケアをふりかえる

去年の夏の思い出はなんですか?

私はラダックやら、焦りやら、いろいろなのだが、当時参加してたカウンセリングのワークショップもそのひとつ。

 

インドのソーシャルワーク、カウンセリング - Living Diversity

 

今年度の受講案内メールがきた!

ワークショップで出会ったインド人のソーシャルワーカーくんは、

いまも時々連絡をとっている。

How are you ? ばっかだけど。

それでも嬉しいね。

 

カウンセリングのワークショップを受けるための面接で、セルフケアの方法を聞かれた。

WRAPとも通ずる。

Wellness Recovery Action Plan。

 

いい感じの自分、でここ一年で増えた、しっくり来てるのは:

 

・美しいものを美しいと感じられる。
・美味しいものを美味しいと感じられる。
•人生、そこで起こるあらゆる感情は美しいと思えている。
・どんな私も、大好き。😍
・何とかなると思えている。all shall pass.何があっても大丈夫なかんじ。神さまに守られているかんじ。コントロール欲求から開放されている。

 

日常生活管理プラン(いい感じの自分を作るために毎日やるといいこと)

のお気に入りは

No.1

自己受容しなおすワーク。

やり方は:

その日の印象的な感情とその時の出来事を書く

→理想的な何でも受け入れてくれる友だちなら、どう声をかけるか想像して違う色のペンAで書く

→それに対する私のコメントをまた書く

→気分が落ち着くまで繰り返す

最後に、どんな感情も出てくることに意味があるよ、どんな状態のあなたも大好きだよ、と友だち色のペンAで書く

→そう言ってもらった自分の気持ちを味わう

というやつ。

なかなかに緩む。

 

No.2

それは、わたしにとって、大切か?

と自問する。

 

No.3

これはできてなくて時間を増やしたいのだけど、やっぱりヴィパッサナー。

千葉か京都もいってみたい。

懐かしきコルカタ

 

デリーの暑いときは、ご飯面倒だと、

とりあえずスイカとかマンゴー買って頬張っていた。

イカなんて半分に切ってスプーンでくり抜いて食べてたもんね。

一玉100円だったものなぁ、、

今は野菜ジュースやらヨーグルトにシフトです。

時々やってくる甘い炭酸やスナックの誘惑がやばい。

今夜みたく残業する時あぶない。

ほんとは残業嫌いだけど、一応意味あることをしたので(少しこだわりすぎたかもやけど)がんばりましたということで。

 

身体にいいものを摂れますように。

みなさまも夏バテにお気をつけて。