Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

ミニマリスト社長が生んだ大きなシェア市場:日本経済新聞

ミニマリスト社長が生んだ大きなシェア市場:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33065280X10C18A7SHA100/

 

余ったモノ・コトを動かし、新たな需要スペースを作る二次利用型ネット経済

食材の余りに目を付けた食のサービス

駐車スペースの余剰に目を付けたakippa

民泊は家屋の余剰が背景

 

私は何が余っているかなぁ。

余白、あるだろうか

もらい物をお裾分けとか

どちらかというと余ってるものをうまく生かして、頂いて、ときに加工して、生きてるかなぁ。捨てずにいかせるもの。

使ってないハンカチに刺繍をさしたり

穴の空いたかばんにパッチワークしたり

もらった調味料やスキンケアのもの、共用にしてみたり。

余ってるもの、提供できるもの、といえば、

知恵とか経験なのかも。

情報を集めて加工するとか、編むとか。

インドで仕事のために読んでた本の断片や、インドで、一緒に働いてた人の記事がでてきて、いい経験だったな、いかしたいな、編み込みたいな、今に。という気持ちも湧いてきた。

俯瞰してデータをきっちりみること、

頭に入れとく(暗記)すること、

それって信頼につながることだ。

多様性を豊かさにできますように。