Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

ことばが通じなくても大丈夫! 学級担任のための外国人児童生徒サポートマニュアル 


ことばが通じなくても大丈夫! 学級担任のための外国人児童生徒サポートマニュアル 
臼井 智美 (著)

 

初めて外国につながる子の支援にふれる人向け。
特に、学級担任(国際教室の担当や日本語のプロではないけれど、子どもとの接点が一番多い大事なひと)に一つひとつ、順を追って説明しているのがよいです。
サポートマニュアル、の名の通り、内容も具体的。
私は特に、成人への日本語指導と、子どもへの日本語指導の違い、がささった。
違いを書いているけれど、共通して考察できる面もあるな、と思う。

■大人とはちがう!児童生徒への日本語指導p109
①学習の動機がない…!!!
(確かに、そうだよね。親の事情で来てるのがほとんどなわけで、好きで日本に来たわけではない。。)
②思考の基盤となる第一言語が十分に習得されていない
→直説法で指導になる
③言語力とともに、思考力や学習力の育成が必要
語学に留まらない!だからやることも多いけど、おもしろいかもしれない。
本当は成人ももっと包括的かも?
日本人の外国語学習に当てはめるとどうなんだろう?

④必要な語彙や学習の順序が、大人の学習者と異なる
大人は、日常生活で必要な会話を学んだり、体系的に文法学習をしたりするが、児童生徒の場合は、【学校生活で必要になる単語や文章】が優先。
~~しましょう、など。

■指導にあたって確認しておくこと?p111
①生徒徒歩誤差の母語、家族の文化的背景(→教科の習い方、習う順序も違う)、家庭内言語
②生徒の日本語習得状況
③生徒の来日時期、帰国予定時期
帰国予定時期、分からないことも多い気がするが。
ダブルリミテッド(第一言語が思考の基盤言語として身につく前に、第二、第三言語をあいまいに習得する状態)かどうか?
思考の基盤となる言語として第一言語を獲得するのは10歳くらいと言われている。
→小学校の英語導入は効果的なのだろうか?インド人、複数言語を習得していると思うけど、タイミングはどうしてるのだろう?方言と標準語は?小学校から、標準語習うけど、混ざることはない。方言と標準語は差が小さいからかな??
小学校低学年→思考の基盤となる言語が、母語でも身についていない→「訳す」、という支援は教科学習においてあまり効果がない
中学生→母語を基に、母語で訳しながら教科学習に参加するので、「訳す」支援も有効

■7種類の指導p10
1)適応指導[初期のみ。~3か月]
2)初期指導型日本語指導[初期のみ。~3か月]
【ねらい】日常会話の習得:ひらがな、カタカナ、簡単な漢字
3)教科指導型日本語指導[3か月~]
【ねらい】学習言語力習得。4)教科指導に近いが、教科目標+日本語の目標も達成を目指す。
4)教科指導 & 5)生徒指導:日本人と変わらない
6)進路指導:日本人より早い。編入学時から、小学校中学年から高校進学を視野に入れる。(高校受検に必要な日本語力獲得には4年かかると言われている)
*システムの違いを丁寧に説明。落第がないこと、入試があること、在県外国人特別枠(自治体による)、入学時にまとまったお金がいること
7)母語・母文化指導

■日本語で学ぶ力~教科指導型日本語指導p152
教科指導を通じて日本語で学ぶ力(思考、表現など)を育成
日本語で学ぶ、という考え方:文科省の開発したJSLカリキュラムに基づく。(Japanese As a Second Language)
教科学習と日本語学習の統合。→学ぶ力の育成 
学習言語の力をつけることは、母語が日本語である生徒にとっても重要性高まっている。
*「日本語(教育)学」と「外国語学習」も統合すると面白いかも。→「学ぶを支援する力」を育てる

*最近、友だちに教えてもらった、発達のことも思い出す。
・言葉にするには、言いたいことを表す言葉を、言葉の引き出しから検索して、出してくることが必要。そのためには、集中力がいる。多動の子とかは、集中するのが難しいのでもどかしくなる。興味のある分野だと、集中しやすい。
・言葉を育てる前に、体を動かすこと、遊ぶこと、がとっても大事。そのベースがあっての、ことば。

■学習活動に参加するための3種類の日本語の目標p152~
①教科書に出てくる言葉の意味が分かる、体得する(日常言語と違う使われ方も多々ある。Ex:天下を「とる」、サイコロを「ふる」、100グラム「あたり」200円。足す、引く、掛ける、割る、など。
②ある表現を習得して、自分の意見や思考のプロセスを言う、書くことができる。
③語彙を増やす→表現力を育てる

■分かりやすい授業づくり→わかりやすい普段の話し方、会議でのプレゼン、などにも当てはまる。(耳が痛い)
①文を短く
②あいまいでない単語を選ぶ
③言い換えをしない。余計な発言を削る。聞くだけで精一杯なのだから、大事なことだけ言う。


■役割分担
○日本語指導員(日本語の専門家。教員免許は問われない)
適応指導、初期指導型日本語指導
○日本語指導担当教員(教員免許あり、日本語指導について専門性はないことが多い。。)
初期指導型日本語指導、学級担任と日本語指導員、母語支援員を「つなぐ」
つなぐので、情報収集力や観察力がいるけれど、希望して日本語指導担当になるケースは少ないし、雇用形態もよいとはいえないことが多いのが悩ましいポイント、、
ともかく、抱え込まないのが大事と思われる。
○学級担任/○教科担任 →こちらも、抱え込まずに周りを頼るのが大切。
母語支援員

■不安を取り除き自己肯定感をはぐくもう!
チェックポイント
□イライラする前、叱る前に、生徒の気持ちを想像する
□学校、家庭などの中に外国につながる生徒の居場所があるか確認する
□生徒が安心して過ごせる居場所づくりに配慮する
□かれらの家族の居場所づくりもサポートする
これ、外国につながる子にかかわらず、普遍的に大事なポイントだな~
・無気力、消極的、攻撃的、にみえるかもしれないけれど、叱られ続けてきたのかもしれない。日本語も勉強も、できないことだらけ!の時間を過ごしている。伸びるか伸びないかは、恐ろしいほどに!教員の言葉かけや表情に左右される。

■学習目標をもつ
 短期目標:初めはいいけれど限界がくる
 長期目標:意欲を引き出す
 その前に自分の目標なんだろうとか思っちゃうけど!

■長続きしない歓迎ムード、、
編入当初は歓迎ムードだが、だんだんけんかになったり、無関心になったり。
思い通りにいかない。自分と違う。というのが背景として挙げられている。
ほんとかな?お互いのこと知ろうとすればつづく?
一緒に働く、グループで課題をやるとか。
*言いたいことが言えない、何を言っているのかわからない、という言葉の壁は確かに大きい。そこでひっかかると、ちょっとあきらめの気持ちがでてきてしまうのも、感覚的にわかる。。説明しても伝わってない、かみ合わないと、ちょっとストレスになる。お互いに。表現したカードとか
※出身国だからその国に詳しいとは限らない。人前で発表するのが好きとも限らない。

学生の頃にフィリピンの子たちに学校の授業に入り込んだり、放課後取り出して宿題や日本語をやるのを手伝っていたけど、その時にこれ読んでたらよかった~~!
日本語とか、学ぶこととか、解像度高く見ると発見や考えるポイントがいろいろあって、なるほど!って思う。