Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

ダグダガイは優しくてあたたかいデトックス。

フィリピンエキスポで、
5年ぶりくらい?にダグダガイを受けました。
やはり、外れなく心地よい。
竹で軽擦したり、ググッと押したりしてもらうのって、ほんとに、
そぎ落とす感じなんよね。
試せる機会があったら、おすすめです。
私もまたセルフやら、友だちやら、やりたいな~

〇どこで?
フィリピンエキスポ@上野公園のブースにて。
ヒロットスクールの先生&卒業生のブースがあり、そこで受けたのでした。
エキスポのことは、その出店スクールのサイトでみたかな。
お祭りでよくあるくらいの、小ぢんまりしたブースで、スタッフさん5人くらいだった。
(参加できる卒業生を招集したらしい。2日間開かれてたけど、まるっとメンバー違ったみたい)
一度に受けられるのが4人くらい。
クライアント用のパイプ椅子3つ、長椅子1つ。
セラピスト用の小さいキャンプ用の椅子3つ。に見えた。
ちょと、やりにくそうだった。。
そしてブースの表にもっとヒロット自体の説明を貼ってても良かったのでは、と思った。
看板はどどーんと大きくて分かりやすかった。


f:id:jfc_maligaya:20180618165624j:image

〇どんなセラピストさん?(担当してくださった方)
セラピストさんは、爪のケアのお仕事もされつつ、
ヒロットは週3、お家でやっているそうなのだった。
主なクライアントさんは、お友達や、イベントでつながったお客さんなんだとか~
ヒロット自体は2010年くらいに出会ったとのこと。(早いっ)
セラピスト向けの雑誌に載っていたらしい。
スクールは1年ちょい前に受講したそうな。
もともと他のセラピーやっていて、ヒロット加える人が多い気がする。
いきなりヒロットじゃなくて。

〇施術の中身?
・ココナッツオイルは、サンパギータレモングラスか、香りが選べた。
・一人あたり15分。
→私はサンパギータでお願いした:)

・3つあるメニュー(フット≒ダグダガイ、肩&腕、肩&頭)のうち、迷わずダグダガイを選ぶ。

ダグダガイは、端折って言えばフットヒロット、か。
→ポイントは、竹の棒を2本使うこと。
 施術箇所は、ふくらはぎから足裏まで。
 特徴は、足の疲れ、や、むくみ、だるいのを解消できること。

*ちなみに、ヒロットをどのように説明されていたかというと、、?
「セブ式ココナッツオイルトリートメント」
日本人向けだとそれが分かりやすいかぁ。
民間療法のルーツが表現されずもったいない感じもあるけれど。
ていうか、セブなの?
私がダグダガイ習った時に聞いた説では、バギオ、つまり山岳地帯がルーツだった。

 

・流れ(ざっくり記憶)
1)オイル塗布
2)足の甲をセラピストさんの手指でほぐしてくださる(親指を交互にきゅっきゅっと)&竹の棒で軽擦
3)くるぶし周りを流す
4)足指を一本ずつ、竹の棒で上下ごしごし流す
 (私、足の指の開きが固いのです。すんなり入らないから、指で補助されていた笑)
5)竹の棒をクロスさせて足指を広げる
6)足の側面、とくにかかと近くを竹の棒でごしごし流す
7)足裏を竹の棒の先端でググッと一点ずつ押していく
8)足裏を竹の棒の先端で線状に下して流す(この手技はじめて。ちょっとくすぐったいけど気持ちいい)
9)手で、ふくらはぎ~膝裏リンパ流す
だいたいこんなだったかな?
4~8あたりが、ダグダガイらしくって、グググってすっきりするので、好き^^  


〇何人来ていた?
びっくりなことに!2日間で100人くらい来ていたらしい!
通りがかる人に声かけてたのも、効いたのかな。
イベント前予約制ではなく、当日直接ブースに行く。
混んでいて、予約表に名前書いてもらった。(名前、選択メニュー、支払いの未/済くらいのシンプルな表)
私が行った時は30分待ち。
イベントだから、ごはん食べに行ったり、ステージ見たり、待つのには問題ない。
10時から17時で、一日あたり、15分×28枠分。
一回3人から4人施術ならば、一日当たりの枠は84~112。
(そう思うと、同時に受けられる人数1人増やすだけで、お客さんの人数が30人弱変わりうるのね~)
一日あたり50人来ていたということだから、45~60%稼働かぁ。
時間帯に拠るのでしょうね。朝のほうが空いてそう。
フィリピン人のクライアントさんも半分くらい??いたこと。
(私が行った日、セラピストさんも2人くらいフィリピンの方のようだった。違う日はもっと多かったみたい)
フィリピンエキスポだから、イベントのお客さんもフィリピンの人が65%くらい?だったかな。

〇おいくら?
15分1000円、一択。
15分、短いようで、意外と満足感あり。
ググッと棒が刺さるからなのか。
足の側面もごしごし流してもらえるからなのか。
1000円というのは試しやすくて良いよね。
延長できない雰囲気だったけど、いろんな人に知ってもらうのがねらいならば、ありかと。


〇おまけ
もちろん食べましたよっフィリピンフード!

 
f:id:jfc_maligaya:20180618165636j:image

アドボ。


f:id:jfc_maligaya:20180618165657j:image

ハロハロ!


f:id:jfc_maligaya:20180618165738j:image

メニューの説明大事よね。

 

〇過去のダグダガイ関連記事

1234567.hatenablog.jp

1234567.hatenablog.jp

 

【レポ】ダグダガイ体験~フィリピンの民間医療・マッサージ~ :) - Living Diversity


〇最後になりましたが…
北摂地震でしたね。
なんか阪神大震災思い出す。
すぐとれる場所にスニーカーを。
懐中電灯や、マッチや、非常食や、軍手や、お水や、
そうしたセットを、リュックにつめて、置いておくの、大事だ。。
多言語情報も。(といいつつ、この記事、日本語だけどさ)
直接被災していても、そうじゃなくて心がざわついても、
落ち着く時間がもたらされるように、祈ります。