Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

シェアハウスのウエット度合いはいかにあるべき?近ければいいわけでもなし。

ドアが廊下をふさぐ 「かぼちゃの馬車」破綻の現場:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31790760U8A610C1000000/

 

住人同士の交流が大事、と。

そりゃそうなのだけど。

 

都会、田舎で、内覧20件弱、居住3件してみた個人的感想だと、

どのくらいの交流を求めてるのかは人による。

土日一緒に出かけたりごはん作ったり、

仕事の悩みとか相談したりするくらいなのか、

たまに話すくらいなのか、

大きいとこだと挨拶すらない人もいた。

 

オーナーさんのフレンドリーさ/相性

住人の雰囲気、共用部の使い方マナー

共用部の広さ、雰囲気

共有物の範囲、

あたりが意思決定要因になるだろう。

今の家は共用リビングが小さいけど、

もともと共用部滞在時間が長くないので

(ゆったりしてる日にごはん食べたり本読んだりするくらい)

意外とウェット度は変わらないかな?

それよりシェアメイト間のノートとか、

お土産の持ち寄りとか、

荷物の受け取りとか、 

ご近所さんと遊ぶとか、

で、ゆるく関わっている感じ。

友達でも家族でもない、同居人という距離感、サードプレイスでもなく、(多分サードよりもうちと緩い紐帯)フォースプレイスくらいな、おもしろいのです。