Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

お腹いっぱいブラジルごはん(フェイジョアーダとポンデケージョ)

フェイジョアーダポンデケージョをつくった(ほとんど、作ってもらった)

ブラジルごはん。

フェイジョアーダ


f:id:jfc_maligaya:20180530095143j:image

黒いんげん豆とお肉の煮込み、といったらいいか。

驚いたのは、材料。
豚の耳!(ミミガーみたいな細かいのではなく、耳のまんま買ってきてぶつ切り)。
そして、豚のしっぽ!
しっぽはかなり固い。
厚さ5ミリくらいの包丁で、
しっぽの上に包丁をザクっと入れながら乗せて、
その上からトンカチでたたいてやっと切れる。
でも煮込んだあとはコリッとかめて美味しい。

味を出すのは、
●お肉たち
豚耳としっぽ🐷と、牛肉の塩漬けしたやつ
●ざく切り玉ねぎとスライスにんにくをオリーブオイルで炒めたやつ。
これだけ!

豆は前日から水につけて、
浮いてくるものは除く。

圧力鍋に、豆湯がいて、
しばらくしてから、炒めた玉ねぎとお肉たちをいれて、煮込む、煮込む。


f:id:jfc_maligaya:20180530095252j:image

ごはんにかけて。
ごちそう!

ポンデケージョは、
タピオカ粉のまるいパン、と言ったらいいか。


f:id:jfc_maligaya:20180530095222j:image

ポン・デ・リングみたいな食感。
ポン・デ・リングポンデケージョから来てるのだろうけどね。
水と、卵いれて、こねこね!


f:id:jfc_maligaya:20180530095233j:image

ポンデケージョミックスがある。
プラムくらいに丸くして、
予熱した200度オーブンで20分ほど。
もちもち、おいしー!お腹いっぱいになる。

 

豆やお肉はなかなか珍しい、かな。

ブラジルショップ行くか、ネットか。

缶詰入の、レディメイドの、フェイジョアーダもあるけど、それもいいけど、やっぱ作ってもらうと味が豊か!シンプルなのに、旨味がでてる。

 

まずは触れるため、入門の缶詰。

私も初めてのときは缶詰。

ウマー!と思ったが、本物を知ってる先輩は、おいしくないよーとおっしゃってた。

作ったやつ食べたら、缶詰は缶詰だなぁと、別物に感じた。(どっちも好き。笑)

 

 

お肉セット!

代用するなら、カルパスみたいなソーセージ、とかかな…

 

黒いんげん豆!

インとの他の豆でやったらどうなるだろ(もはや別の料理か)

 

 

ポンデケージョ。与喜、よき、というとこが有名だと、教えてもらった。日系社会だから、なのかな。

 

新しいごはんに触れるのは、楽しい旅だな。

探検しましょう😋