Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

簡単パニール手作りしてみた(インドのカッテージチーズ)

パニールが大好きなので作りましたの記録!

寝かせるのに2-3時間かかりますが、
作業は40分くらいでできますよん。

インドのカッテージチーズ。
さっぱりしてて、豆腐みたい、、?! 
インドでは豆腐をソヤビーンパニール(大豆のパニール)とも呼んでました。
カレーに加えたり(溶けないでそのまま柔らかな食感が味わえる!)デザート(ラスグッラー激甘だけどウマー)につかったり。
ほうれん草カレー(パーラックパニール)やシャヒパニールに欠かせない😋
もちろん、そのまま焼いたパニールティッカもおいしい!
生でサラダに入れてもおいしい!

 

■材料 (パニール 約150g分)
牛乳 1リットル
レモン 35cc
水 25cc
てぬぐい、や 、ガーゼ 1枚
なかったので、排水口用の細かい不織布ネットをつかいました…笑

 

■つくりかた
1:
牛乳を沸かすなべをきれいに洗う。
パニールに不純物が入らないように。

2:
レモン水をつくる。
レモン 35cc
水 25cc
混ぜときます。
大さじでざっくり測ればよいかと。

3:
手順1とは別の鍋かボウルを準備。 
その上にざるを乗せ、てぬぐいやガーゼなどを敷いておく。

 

4:
牛乳を沸かす。底を焦がさないように混ぜながら、ゆっくり、中火で10分くらい。
★すぐに底に牛乳がこげつくので、底をこそぎながら混ぜ続ける!★


f:id:jfc_maligaya:20180528095645j:image

5:
牛乳が沸騰し、泡が立ってきたら、一番弱火に。(なべを持ち上げ)吹きこぼれを防ぐ。


f:id:jfc_maligaya:20180528095704j:image

6:
なべを弱火のコンロに戻し、レモン汁をひとさじずつ!ゆっくり!加える。スプーンかヘラで、ゆっーくり、静かに混ぜる。


f:id:jfc_maligaya:20180528095726j:image

7:
チーズと水分が、分離する。おもしろい!
かきたま汁のたまごみたいになったら、火を止める。


f:id:jfc_maligaya:20180528095745j:image

8: 
チーズと、水分を分ける。準備したガーゼ等で、ろ過する。


f:id:jfc_maligaya:20180528095808j:image

9:
水で軽くすすぐ。
レモンの酸味を取るため。
(ほんとに軽くすすいだら意外と酸味残ったけど、寝かせてるうちにそんなに気にならなくなった)

10:
チーズをガーゼでぎゅぎゅっ!とひねり、絞り、よーく水を切る。


f:id:jfc_maligaya:20180528095829j:image

11:
お皿の上にパニールが入ったガーゼをのせ、2・3Kgの重石をのせる。
私はお皿にパニールをのせ、さらに広いお皿をのせ、その上に水を張った鍋を乗せるという荒業で。


f:id:jfc_maligaya:20180528095908j:image

12:
2時間から3時間放置。私は一晩放置しました。すると、まとまる。


f:id:jfc_maligaya:20180528095926j:image
f:id:jfc_maligaya:20180528095952j:image


最初の方は時々溜まった水を捨てるようにするといいかと。

参考にさせていただいたレシピ、
むしろ、ほぼつくれぽ、、
https://cookpad.com/recipe/892420


ココナッツ風味のパニール料理もおいしかったの。
南インド料理のナンディニさんにて。


f:id:jfc_maligaya:20180528100004j:image

作るの面倒な人は、まず、食べるだけでもたべてみて!ほんとにおいしいから。

 

あなたも一緒に、パニールを愛でましょう😍