Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

【映画日記】桃さんの幸せ〜基本的欲求を満たされたい、安心したい

桃さんの幸せ、をみた。
英題、A simple life なのね。


f:id:jfc_maligaya:20180418205808j:image

桃さんは家政婦として超絶おいしい料理をつくっていた。
脳梗塞で倒れてからは、介護施設で暮らすことに決めた。
そこでもまた新しい社会。
雇い主だったロジャーは、桃さんの面倒をみつづける。

 

人とつながっていたいんだなぁ。
自分自身との関係も
身近な人との関係も
大事な人との関係も
大切に暖かく育みたいのでしょう。

マズローじゃないけど、
生存欲求と、安全欲求と、社会的欲求と、、
基本の欲求が満たされないと、
エネルギー切れてしまうやん。

人生は神様が設計している、という台詞
また、焦りがちなわたしに教え直してくれているのだろうか。
怖がって、恐れて、今ここにある恵みに目を向けられていないことの多くある日々。

介護施設の主任が、桃さんから、「ご家族は?」
と聞かれたとき、黙っていた。
何を持って家族というのか、
それもいろいろだけどさ。

中国では、「阿」+本名からとった文字、
で、ニックネームみたいなニュアンスになるらしい。
先月だったか、中国つながりの人に教えてもらった。
桃さんは、「阿桃って呼んで」と言ってたのが分かって嬉しかった。
言語は文化で、それが好きだな。

 

てか、ロジャー役のアンディ・ラウ(劉德華)かっちょいいーー!