Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

【レシピ日記】キャベツのポリヤル風(南インドの炒めもの)  


またしても、ポリヤル。
ポリヤルは、南インドの炒めもの😋

 

●材料 1-2人分
キャベツ小玉 半分 ザク切りにしたけど、千切りにしたらよかった。
玉ねぎ小1個 薄切り
たまご1個
塩小さじ1弱
サラダ油小さじ1

(ホールスパイス)
マスタードシードひとつまみ
クミンシードひとつまみ

(パウダースパイス)
ターメリック小さじ半分
ミックススパイス(コリアンダー、クミンパウダー、ジンジャーパウダーなどのミックス)小さじ1

ちょいと真面目に計量しましたよん。

●つくり方(15分くらい)
0. 玉ねぎとキャベツを切る

1. サラダ油を熱しホールスパイスを入れる。
パチパチパチパチっとくるので蓋をする。


f:id:jfc_maligaya:20180418204201j:image

2. クミンが熱されて茶色になってきたら玉ねぎ投入。
スパイスは揮発することで香りが出るので中〜強火。

3. 玉ねぎがしんなりしてきたら、キャベツ投入。
パウダースパイスとターメリックと塩を入れて、蓋をして蒸し炒めする。


f:id:jfc_maligaya:20180418204217j:image

5. 溶き卵をくるくるとかけ入れ、中強火にもどして炒る。


f:id:jfc_maligaya:20180418204224j:image

●次回に向けて
実はキャベツがしんなりしてからパウダースパイスにしたけど、キャベツと同時にパウダー入れてすぐに蒸せばよかったかなぁ😁
あるいは玉ねぎの時点でパウダーいれるか。
玉ねぎ放置して炒めすぎました。
キャベツも、、
色が茶色いろくなりすぎだっ
キャベツのときはレモン汁もあると良さそう。

●作ってて楽しいポイント
やはりホールスパイス炒めてるときのパチパチ感と香り!クミン!元気が出るね。
サンバルも、気が向いたら久しぶりに、つくって食べたいなー
タマリンドやトマトの酸味と、とろとろのナスとオクラ🍆