Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

問われるべきはマジョリティ、、それだけでいい?

問われるべきはマジョリティだ、
と思っていたけど、
それだけでもないのかもしれない。

ソーシャルワーカーの交流会で、
発達障がいの方と知り合った。

(詳しい名前は聞いていない)

 

●生きるために、できることを打ち出す
週5で一緒に働いてて、
フォローしないといけなかったら、
正直(障がいのない人からしたら)納得できないと思うんですよ。

頑張っても普通の人ができることができない。
コピーができなくて、千枚紙を無駄にした。
宛名がまっすぐに書けなくて斜め上に上がっていってしまう。
でも、海外とスカイプで交流会したりとか。
そういうのができる。

できることを見つけて、増やして、プレゼンできることが、生き延びるために必要なんです。

就労支援してる会社は、受入会社や社会が変わる必要性をアピールする。
それが仕事だしいいと思う。
でも、当事者としては、できること伸ばしていかないと。

なんか、強いな、とおもう。

受け入れているからなのかもしれない。

私も私に与えられたものをもっと大事にしたい。

 

●凸凹が生かされにくいという日本の傾向
正職員はなんでもできなきゃいけないという、日本の環境は違うと思う。
今働いてるところは、できないことがある代わり、できることを頑張ることで、カバーしてる、と見てくれている。

凸凹が学校、仕事環境や、周りの人と合ってれば、支障は出ない。
ただ、普通の人より合わない環境に遭遇する確率が高いんです。

自分の凸凹に合った環境って、

移動してみたり、自分が環境に働きかけてみたり、試行錯誤なのだろう。

合わない確率は高いけど、合うところはある、ということに希望を感じた。

 

●あんてい、、、
正社員じゃなきゃいけないのもどうかなぁと思う、という話をしてたら、
それは体調の安定とも関わる、という視点がもたらされた。

普通の人より予定外の出費が多い。
例えば医療費。
子宮の病気で手術するので30万かかる。
制度のおかげで上限あるのは助かる。
が、普通の人なら異変を感じて病院に行くところで、行かないといけないことに気づかない。お腹が膨らんできたけど、痩せなきゃーと思って病院ではなくヨガに行く、など的はずれなことをしてしまう。

それは、盲点というか、恥ずかしながら知らなかった。

発達のこと、人事に知ってもらうための活動をはじめようとしてるらしい。

もしかしてそうかも、と思う人には、合わない環境で潰れることを防ぐ予備知識として。

私には関係ない、と思ってる人には、教養として。

教養としてって観点、すばらしいな。

社会の一員として知っておこうよ、という。

ほんとに合わなさすぎるところにいると、

著しく自尊心が下がった、と話されていた。

ほんとにね。自分は価値がない人間だって思ってしまうなど、偏った見方になるリスクは誰にでもあるのだと思う。

 

●凛としてリアリスティック
現実的で、糾弾しない姿勢がかっこよかった。
自分(たち)の状況はこうで、社会の中で生きてるとこういうことが起こる、という内容を具体的に客観的に描写できていて、すごく聡明な人と感じた。
いろいろと苦労された中で培われてきたフラットさ、大人さなのかなと思う。

そんな方と出会えて、やはり私は運がいいのだなと思った。

 

Thank you for reading :)