Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

写真から生まれる豊かさ


f:id:jfc_maligaya:20180123132122j:image

写真がなりわいになっている人に憧れを覚えたりもする。

写真が、というか、旅が、かな、ほんとは。

"写真で伝える仕事"、を読んだ。

 

印象的だったのは

写真よりも、

その前に、

現場の人と対話すること

被災地に残った一本の松は、

残ったという希望にみえるのか、

それ以外全部失ってしまったという悲しみを象徴するのか?

 

もうひとつ。

厳しい現状を知ってしまったために

苦しい気持ちになるかもしれません。

ただその苦しみと少しずつ向き合っていくのか、

それとも知らないまますごし、

知らず知らずのうちに誰かを追い込んでしまうのか。

ほんとうに"豊か"な生き方はどちらだろう?

 

向き合ったあとの世界のほうが、

きっと豊かであたたかい。

 

 書籍の詳細はこちらから。

 写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-