Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

N女じゃない?

N女とは?
はいすぺっくで非営利セクターで働く人
そして、
成果をあげようとしてる人
という意味あいで書いてるようだった。

ソーシャルセクターに足を踏み入れた20/30代の考え方や、これからどこいくか具体例を見たくて読んだ。


f:id:jfc_maligaya:20171221120029j:image

わたしは登場した人たちほどバリバリしてないなーと思った。
ただ気楽に楽しく生きたいだけ。
インタビューのまとめとして、特に鋭い考察は見受けられず、ちょっとがっかり。
だけど、事例が各章3人ほどのってるのは参考になった。


気になった、響いたことメモ

●難民を支援したいというより、ただかれらに係わりたい
うん、共感。
支援とか福祉とかいう言葉は上下関係が強い気がして苦手だ。
実際、支援する側に権力はあるし、そこに意識を向けるのは大事だけど。
でも本当は、支援を受ける方が勇気がいるし、
強いと思う。
支援したいとか助けたいとかじゃなくて、
自分も息のしやすい社会であってほしい。
ある章のタイトルが、私たちに居場所はあるのか?だったのだけど、支援者ぽい立ち位置にいる人だって本当は当事者だ。
そういう意味で、ビッグイシューの方が、
販売者の方とフラットに、ドライ目に関係性を築いている様子は読んでて心地よい。

⚫ビジネス寄りのソーシャルセクターは企業と競合するし、福祉/対人支援系は補助金がいるし
せっかくソーシャルセクターが誕生したのに結局二極化なのか?
クライアントの経済力の程度と、
クライアントから取れないときの資金調達方法と。
民間企業として、民間からの委託6、公共からの委託4で、がんばっている会社の話をさいきんきき。
公共に対して強気で予算の必要性を吹き込み、仕込んでいけるのは素敵。

コモンビートさんは、理念とか使命とかカチカチしすぎてなくて、緩やかに楽しい気持ちが集まってて素敵だと思った。
つまるところ楽しく生きたいもの。

⚫複数のインタビュイーが、
縁を大事にしたり、心の赴くことを大事にしたり。明日死んでも後悔しない生き方を重視しているようだった。
そこは親近感。
働かない期間を豊かな経験と見る社会か、ブランクと見る社会か。日本も前者にシフトすればよいのにー

今日もわくわくする出会いがありますように。