Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

ホリエモンも注目、やや高価格帯なインドチャイチェーン、チャイオスChaayosの研究と日本での可能性

いちインド住人、いちチャイlover として Chaayosを改めて研究してみた。

 

■こんな人におすすめ
•インドに旅行にいくのでチャイを楽しめるところを知りたい
•日本でもカフェが好き、そういった空間づくりに興味がある

ちなみに脱線しながら書いてるから長いです!

ホリエモンも著書で Chaayosを紹介している。

多分この本、、著書多くてわからん。違ったらごめんなさい!

 

■そもそもチャイって何?
という方はこちらの記事からどうぞ
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2017/09/25/011437

 

■ 運営企業
Sushine Teahouse Private Limited

https://www.chaayos.com/about

2012年11月開業。

人との交流にはいつもチャイがあったよね、

というコンセプトがすてき。

いまはムンバイ、デリー、ノイダ、グルガオンのみ。

2016年5月で25店舗。

https://www.google.co.in/amp/m.hindustantimes.com/business/how-chaayos-is-brewing-a-niche/story-KobSaEtIk1hVNxVDEmUKLO_amp.html


デリーで観光ついでに比較的行きやすい場所だとSDA market というIIT近くのマーケットかと。
昔はHauz Khas Village にもあったのだけど。

 

■チャイ業界(!?)/カフェ業界におけるChaayosのポジションと特徴

インドでチャイが飲めるとこを4つに分けることができる。

1)路上のチャイ
甘くておいしいよね。なんだかんだこれが一番好きなんだけど。笑
作る人によって味も違う。
ショウガやカルダモンが入ってることが多いかな。
地元民が談笑しながら飲んでて和む。
オフィス街でも路地裏にこういうチャイ屋が残ってるとこだと、オフィスワーカーでも来る。
カッチ旅では路上チャイをこよなく愛する夫婦に出会いました。

http://1234567.hatenablog.jp/entry/2017/01/10/134515


オーダー毎じゃなくて、継ぎ足しつぎたしでつくっていく。
手のひらに小さくおさまるくらい、80mlくらい?で10ルピー前後。
入れ物は薄いプラスチックのカップか、紙カップか、無色透明なチャイグラスか、小さなチャイカップか、Kulhad(レンガみたいな材質のカップ) か。
塩味スナックやあまーいクッキーやラスクが数ルピーで一緒に売っている。

かれらのチャイの原価ってどのくらいなんだろう。
ミルクは500mlで20ルピーだから一杯あたり3ルピーくらい。もっとミルクも安く仕入れできるのかな。
あとはチャイの葉と水とガスと生姜などスパイスとカップと、、
チャイの葉っぱもピンキリだけど。
最近トゥルシーとブラミー入りのがスーパーで見つかって気になった。
リラックス効果のあるハーブ。

 

2)Chai Point やその他チェーンのストリートスナック屋さん
本当の路上じゃないけど、ストリートフード系のメニューを扱うお店。
モールやオフィスのフードコートにある。
こういうとこだと40から80ルピーくらいか。普通に味も悪くない。
仕事の合間に休憩チャイいく?ってなるとこういうとこ。
ちょっとリッチに行きたい時はChaayos.

 

3)カフェ
コーヒーや紅茶と同列で"マサラティー"があれば、だいたいそれがチャイ。
こういうとこだと100ルピー以上してくるかね。
カフェだとわざわざチャイ頼むよりコーヒー系に行く傾向。チャイって家庭でお母さんがいれれくれるもの、という性質もあり。

 

4)ちょい番外だけど、
オフィスでオフィスボーイが入れてくれるチャイも至福の味。
NGOなどのミーティングやワークショップに行くと、おっきな2リットルくらいのポット(?)でチャイがきて、休憩中に飲んだり。
長距離列車でも、チャイ売りに来る。

 

5)そして Chaayos
インド人がよく勧めてくれるDesi Chai が65ルピー。(前50やったような。値上げ!?)
 (Desiは、"国の"の意。バングラデシュも、バングラの+国って意味らしい)
Kulhad chaiとか、Thandi chai  (冷たいチャイ)だと100ルピー前後に。
特徴はチャイに入れるフレーバーが選べるとこだと思う。
Meri wali chai  (私のチャイ)をオーダーメイドできる。12000通りもできる。
スタバみたいな。(スタバもあるよ。Chaayos より価格帯あがる感はあり)

以下は選べるフレーバー。
けっこう未知の領域o(≧▽≦)o


f:id:jfc_maligaya:20171101151819j:image

ベーシックでおすすめなのは
Tulsi & Adrak & Eraichi.

#1 Tulsi (トゥルシー、聖なるバジルと言われるシソ科っぽいインドのハーブ)
#2 Adrak (アドラック。生姜)
#3 Eraichi  (イライチ。=カルダモン)
#4 Saunf  (なんだろう?気が向いたら調べて追記します)
#5 Laung (なんだろう?気が向いたら調べて追記します)
#6 Cinammon  (シナモン)
#7 Masala kali Mirch  (マサラブラックチリ!?)
#8 Mint(ミント)
#9 Ajiwain (なんだろう?気が向いたら調べて追記します)
#10 Moti Eraichi (Moti...ふとっちょな、、大きいカルダモン?)
#11 Hari Mirch  (グリーンチリ!?)

 

どうやって作ってるか覗いてみる...


f:id:jfc_maligaya:20171101151850j:image

小さなミルクパンでオーダーごとかな。
スパイスは粉になっている...ように見えるが謎。


基本的なチャイの作り方は、
1.水とチャイの葉とスパイスを入れて沸騰させる(葉とスパイスから成分抽出)
2.ミルクをいれる
3.カップの上に茶こしを置いて注ぐ

 

オーダーメイドに関しては、ミルク少なめ/水少なめとか、砂糖なしもできる。
砂糖なし/砂糖は分けてつける(自分で好きな量入れる)は、路上チャイ以外はだいたい対応してる印象。

 

お客さんはスタバやほかのコーヒーチェーン(Cafe Coffee Day やCosta coffee)に比べ、外国人が少ない印象。


f:id:jfc_maligaya:20171101151914j:image

インド人が談笑したり
仕事の打ち合わせ
面接ぽいもの
ソロで来てひと息いれる
PC出して仕事してる
新聞読む(新聞置いてる店舗もあり)
という感じ。
チャイのみか、プラスしてスナックのオーダー。


店舗により、8人くらい座れる長テーブルや、一人でも座りやすいカウンター形式の席もある。

 

オーダーした人だけwifiが使える。
(レシートにパスワードが書いてる)
ログインするときに性別を選ばされるのだが、male/female / third gender
サードジェンダーという選択肢がある!


f:id:jfc_maligaya:20171101151937j:image

ビジュラさんが活動でもしたのだろうか。
そもそも性別聞く必要ある?って論点もあるけどさ。

 

携帯番号を登録するとポイントがたまり、チャイが無料で飲める。
レジにタッチパネルがあり、そこから入力。前にオーダーした際のフィードバックも、そこから送信する仕組み。


f:id:jfc_maligaya:20171101151951j:image

IT活用したCRMはインド進んでるよなーと思う。
日本はなんで未だあんなにポイント"カード"を発行したがるのだろ?
同じカードでいろんなサービス連携したいから?
でもそれもカードなくてもいいよなぁ。
システムの導入コスト高いのか?
携帯番号を教えることへの抵抗?ポイントカード作るときって番号いらないっけ。
番号登録するので、SMSで広告や割引案内もくる。

 

電子マネー、カードでも支払い可能。
銀行口座持ってなくても、携帯があれば電子マネーが使えるので、電子マネー利用だけど口座はない人もいる。


すっ飛ばして先端寄りの技術を、質素な暮らしの層も活用しているのは、インド、というかemerging marketならでは。
似たようなことをBOPビジネスの本でも書いてた。

デリバリーもあるよ。(紙パックにチャイ入れる)

 

正直なところ、高いから美味しいっていうよりは、
店の雰囲気のよさで来るんじゃないかなー
家庭のチャイや路上のチャイのほうが、味という観点では、私は好き。
Chaayos は、リーズナブルにまったりしにくる場所って感じだな。

 

■日本でチャイ(のようなもの)が楽しめるところって...

1.チェーンのカフェのチャイラテ
2.インド系のカフェ(カンテグランデとか)
3.無印とかでチャイの粉を買って自分でいれる
4.インドや多文化共生、国際交流系のイベント
5.珍しいチャイ屋さん
あたりかな?
この辺もうちょい先人の事例を知りたい。

チャイハネchai tea cafe なるものをやってるのね!

http://web.amina-co.jp/cafe/


チャイの認知度とか需要とかも未知だなぁ。

私にとってチャイは、

地元民とほっこり繋がって、

チャイ職人や家庭ならではの味、

その時ならではの味

を楽しむもの。
ほっとする飲み物。

日本でもっとチャイがひろがるとしたら、どうだろう?


アロマトリートメントみたいに、そのクライアントさんの気分、嗅覚にあったスパイスで、対話しながらチャイをいれるのかなぁ。
どんな人がチャイ好きかね。
甘いの好きな人、インド好きな人、
あたたまりたい人

妄想はつづくのであるー :)

チャイ情報ありましたらご共有くださると嬉しいです!