Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

悩んでる外国人住人をどうケアするか?あるインド人大家さんの場合

身近に住んでいる外国人が元気なかったら、どうしますか?
気になるけどどうしたらいいか分からない?
どっか連れていく?話をきく?

 

うちの大家さんがとってもやさしくて、
癒されたのです。

 

大家さんは私の住んでる家のground floor (日本でいう1階)にお住まいです。


電気代をキャッシュで払いに行くと、
大家さん妻(50代くらいかな)が、

 

'You look so sad !
Kya hogaya ?
What happened to a cute beautiful innocent girl !
I'll ask Neha to talk with you !!'

 

'どーーしたん!
最近悲しそうな顔して。
こんな可愛いイノセントな子に何が起こったの!
ちょっと、ネハ(大家さんとこのお嫁さん。大家さん夫婦と息子夫婦は同居)にあんたと話すように伝えるから!'

と。


"ちょっと仕事でいろいろあって。。"
と言うと
'心配するなーー
家族に会ってなくてさみしいんやない!?
ちょっと、コーヒー飲もう!'
と言ってハグしてくれた。

 

そしてお部屋に呼んでくださって、
ネハさんもきて、
コーヒーとインドの甘いの

(バルフィとかラドゥとか)

出してくださって。

 

'インド人やろうが日本人やろうが、
うちらは同じ、女として生きてる。
悩むことは同じや。


あんたがうちに住み始めて1年半や。
ただのたなごと大家やないで。
愛着があるんや。
あんたはうちらの一部や。


よかったら何があったんか話してきかして。
いつも jolly で bubblyやったのに、どーしたん!!'

 

そして話きいてもらい。

 

'仕事たいへんやったな!
生きてたらいろいろあるわな。
心配ないで。なんとかなるから!
うちもなんとかなってきてるしな。
あんたがうちに住んでくれて嬉しいねんで!
人生楽しく過ごしや!
自分を見失わんようにな!!
コーヒー飲み!
おやつ食べ!
会社の人とか友だちにも気持ちきいてもらい!
散歩一緒にいこう!
今日ドーサ作るけど一緒にたべるか!?'


なんか、詳しく共有できたわけではないけど、心配してくれてることがすごいありがたくて、元気をもらった。
いい意味でのおせっかいさ。
ノリが大阪のおばちゃんって感じで、
日本語に直すと関西弁になっちゃう。

 

私も、元気ない人いたら、
"私の大好きなあなたが元気ないなんて心配だーー なにがあったんだーーとりあえずお茶しよう!!!"
って言いたいな。


私に何ができる?とか難しく考えすぎずにオバチャンしたいと思った。


聴くのも大事やけど、
あなたは私にとって大切なのよ!
ってメッセージの力強さを感じた。

 

大家さん妻はとっても面白い人で。
前に風呂場でネズミがでて相談したら
ネズミ、シャワー浴びたかったんやろなぁ!!!(爆笑)
っていう返事だった。

 

ドーサがまた。おいしくて。

南インドのクレープ的な料理。
家庭のドーサ初めて食べた。


f:id:jfc_maligaya:20170824055601j:image

右:ドーサの生地を焼く

左:サンバルという酸っぱいカレースープ。これも南の料理。


f:id:jfc_maligaya:20170824055821j:image

つくってみたいな。
皮がパリパリで。
ココナツチャットニーまで手作りで。
ありがとうおおやさんーー