Living Diversity

インド仕事・生活・旅の記録、メンタルヘルスに関する話題など。いろんな文化ごちゃまぜのところが好きです。 ケアする人のケア&当事者研究、アロマ、タッチング、 多様性がいかされる場  ひとがどうやって元気を回復していくか? が関心ごとです からだほぐし、出張したり介護施設でお手伝いしたりしておりました。 *ダグダガイ(フィリピン式・竹の棒をつかった足のマッサージ)  いらないものそぎ落とされる感が強くておすすめです。

メンタルヘルスケア NGO 訪問記 be professional...

■訪問先
SANJIVINI
メンタルヘルスケアをしてるNGO
カウンセリング、カウンセリング研修等
http://www.sanjivinisociety.org/contactus.php

■行きたいと思った背景/目的
あきっぽい私がながらく関心を持ち続けてるテーマの一つがメンタルヘルス
インドではどうなのか?
スティグマあるのか?
援助者自身のセルフケアは?
地域社会とのつながり
について知りたく。
カナダでも精神保健福祉関係の人、組織訪問、インドのこと共有できるといいかなともおもい。
そして自分がインドで地域社会の一員として何かしたいという気持ちもあって。

■準備したこと
電話でアポとり。HPと新聞チェック。
べてるの英語版紹介をもっていった。

■わかったこと
1:メンタルヘルスに関する意識は少しずつ改善しているという認識
学校などにアウトリーチしている。
ボランティア説明会など参加者多い(人数聞きそびれ。。)
暇だからくる、役にたちたいからくる、カウンセリングに関心あってくる など。
クライアントは家族や自分の問題がきっかけ。
★病院だとお金かかるが効くかわからない。ここは無料。試しやすい。
☆回復につながるのに入りやすいきっかけであるのすばらしい、が、無料であることでコミットメントさがらないのかな。と思った。帰ったあとに。。

2:援助者のケア
○ボランティア採用のスクリーニング厳しくしてる。
 アセスメントシートとグループディスカッション。
 Too much emotional は向かない、傾聴ができること、自分の問題を解決済みであること
その後みっちり2週間トレーニング。
一般向け8セッショントレーニングもひらいてる。
○スーパーバイザーがいる
○ボラ40人、2週間に一回くらい。正規スタッフ数名。

3:場所そのものの雰囲気観察


f:id:jfc_maligaya:20170522212726j:image

緑が多くて優しい感じ
明るい黄色のクルタ
受付はふつうのオフィスのようなかんじ。
話を聞いたのは応接間。学校の応接室みたい。ソファと、表彰状とか。5m四方くらい?
政府機関や大学近くのエリア。
隠れてる感じではない。
かといって住宅街でもないかんじ。

■良かった点
自分のバックグラウンド説明した
行ったことそのもの!
アポとったこと。

■次への改善点
質問考えてたけどちょと緊張して拡散しすぎた。10分程度と言われたのに。。
来た目的は?ボラしたいの?クライアントとしてきたの?と言われてしまった。
カウンセリングにも話の構造化が必要と痛感。構造化に難儀して仕事行き詰ってるので凹んだ。相手は別に私をせめるつもりはなかったと思うが。
質問を絞る+なぜ聞きたいかの背景説明+自分なりに答えの仮説をぶつける
を意識したい。

■その他所感、目的について
休日まで仕事みたいで疲れた!? 行けてよかったが。
目的。。。大事だけどたまにアレルギー。
ほんとにハッピーなときはプロセスを味わってる。目的の設定とそれが相容れないことはないとおもうが。
カオスも憎まずにいたい。