Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

愛せ満点の取れない相変わらずの毎日


仕事の進め方 最近の心もよう つれづれ

1)Juniorとの仕事
先輩から依頼を受けて、後輩と一緒につくって提出するというのが
思ったより難儀だった。。。
エクセルでフォーマット作ったけど
中身も体裁も、修正するところいくらでも出てくる

最初が大事って思いつつ
最初の時期自分が他の仕事でいそがしくて
細かく中身のチェックできず
正しい内容がくると思ってたけど案外まちがっている(T_T)
焦る
デスクトップ調査で分かることももちろん多いけど
経験ベース、人にきくのをもっと先にやっておかねばならなかった。
分かってるはずなのにできてなかった。自己嫌悪。
先輩に途中経過見せて、
修正入り、
そうかそこ気づけてなかった・・・とか
私の完成版イメージ、先輩のイメージ、後輩のイメージ、
それぞれに違う
違うのが前提なのだけど
あああ ってなった。
後輩に5回以上修正させてしまい
まとめてゆってくれといわれる
まったくそのとおりである。。。
修正事項をその子が反映できてない点もあるけど。。
出来てないことに気づけてないことも往々にしてあるのだ。
でもまじめにやってくれてるだけありがたい。。
http://teruyastar.hatenablog.com/entry/20091118/1258499089
これが とてもぐさっときた。
期待値下げようと思った。

2)突然やってきた提案書作成
どこまで自分がやるのかわかんない
ん、ぜんぶ?
というか全体見据えるつもりでいつだって臨まないと
どこから何からやったらいいかわかんない
はやくしないと、できるだけラクにやらないと、と思いながら、過去の提案書をながめながらフリーズする
土日にちょっと見てみようと思いつつ出かけた後エネルギー枯渇した自分に自己嫌悪などしてみたり。
(ああ、CVのアップデートもしたいのに。)
日本語の仕様書を英語に直して一緒にやるインド人メンバーと話すだけでも一苦労である
でもある意味この作業があるから自分が仕事得られているけど。。
説明の準備に時間かけるよりさっさと仕事をふるべしVS整理してアウトプットイメージを丁寧に共有すべし
ぬぬーん。
完璧は無理。6割でいい。って思おう。
こういうとき、どう進めたらいいか、日本人よりインド人のほうが相談しやすかったりする。
頭がまとまってなくても優しく聞いてくれる。

ちゃんとふり返りたいことがいろいろあるが、追われてるな。。
落ち着いてわくわくしながらできますように。