Living Diversity

インド仕事・生活・旅の記録、メンタルヘルスに関する話題など。いろんな文化ごちゃまぜのところが好きです。 ケアする人のケア&当事者研究、アロマ、タッチング、 多様性がいかされる場  ひとがどうやって元気を回復していくか? が関心ごとです からだほぐし、出張したり介護施設でお手伝いしたりしておりました。 *ダグダガイ(フィリピン式・竹の棒をつかった足のマッサージ)  いらないものそぎ落とされる感が強くておすすめです。

Nour えごえご

もやもやー現実逃避的に?えいが。
もやもやって、だいたいエゴのせいかな。
あたま柔らかくなぁれ。

 

Nourみた。ジャーナリストの仕事と恋の話。(ざっくり)

movie cast: Sonakshi Sinha

(ソナクシ シンハ、クリスタル ケイと似てると思う),


f:id:jfc_maligaya:20170425033611j:image

Kanan Gill, Purab Kohli, M K Raina, Shibani Dandekar, Manish Chaudhary
Noor movie director: Sunhil Sippy 


ケイコナカハラ photography director

って出てた。日本の方かな。

 

徒然感想

自分のエゴでジャーナルしたらあかんやろ。

(あ。またエゴ)

interviewee が、いやってゆってるのに。
記録することに対する責任
現実に対峙する覚悟あるの?って問われてる気分

 

最後Malti と和解してたけど
Nour はほんとにミスのあとジャーナリストとして倫理的に行動してたんだろうか?

 

Malti 役の人よかった。
怒り、和解、やわらぎの表情。

 

下記、フェミ映画として酷評されてるちっく。
いや、単に映画としてか。


私からみても、全体的にヒロインの complacency ( 自己満足を辞書で引いたらでてきた)でしかない印象を受けたのでした

⊂(`・ω・´)⊃

www.hindustantimes.com/bollywood/noor-begum-jaan-and-more-bollywood-succumbs-to-tokenism-in-the-name-of-feminism/story-86DQCXxIEjeHqLAturRmNO_amp.html

Noor, Begum Jaan and more: Bollywood succumbs to tokenism(名ばかりのアンチ差別) in the name of feminism

Taapsee Pannu’s Naam Shabana, Vidya Balan’s Begum Jaan and Sonakshi Sinha Noor led the optimistic cinema lover to expect some sensible, feminist films that talk of women and are spoken by women.

While the storyline of Noor is nothing feminist, it was promoted as one that hails women with the heroine headlining the story.
(ジャーナリストの話の映画が、おそらくただ女性(の自立、役割の変化)をフィーチャーした映画の流行りにあやかりたいがために、実際はそうじゃないのに、フェミ映画的なものとして、宣伝された、というのは皮肉だな)

However, the facts that the titular character (played by Sonakshi Sinha) cannot prove her mettle - not as a journalist, not as a woman and not as a human being - pushes the film further from anything that can be listed as glorifying female roles in Hindi cinema.

While this too is a new trend, imposing male chauvinism in a woman’s voice is the same as promoting patriarchy through a man. It simply does not count as the development of women’s roles in Bollywood nor does it make for feminist cinema.