Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

めくるめく日々に思い浮かぶこと

1 外国人として"地域で"暮らす、関わる、巡る、というのもこっちに来たテーマの一つだったはず。日本に来てくれてる外国ルーツの人とパラレルな立場で何を感じられるか?コンタクトしたNGO返事止まり、行ってた自助グループ解散し、ちと停滞ぎみ。日系企業で働いてるだけじゃ、もったいないはず。

2リアルな実務経験があってこそ議論できる、
と感じる。
なくても議論しないといけんけど。
近づくには?何かしらの方法で、試す。
一次情報に触れる。デスクトップ調査だけだと肌触りがわかんない。私の想像力、感性の問題?

3 仕事は仕事。生活、暮らしをおろそかにしないで。なんで、日付変わってから家帰ってんだ、生産性、どうなのよ。と、もやっとする日もありつつ、資料ほめられたり、考えが生まれたりする日は嬉しい楽しい。筋トレみたいなものか。はやくスマートになりたい。スマートじゃなきゃ生きづらい社会にはしたくないのだけど。集中しなきゃと感じる。

 

4 感じ方は人それぞれ。だから、伝えたり、確認したり、するのかも。分からんときは、分からんなりに。気持ちが大きいとが小さいとか比べられないし、質もちがうんだし。大丈夫。しゅぶらとり。