読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living Diversity

いろんな文化ごちゃまぜのところが好きです。 ケアする人のケア&当事者研究、アロマ、タッチング、 多様性がいかされる場  ひとがどうやって元気を回復していくか? が関心ごとです からだほぐし、出張したり介護施設でお手伝いしたりしておりました。 *ダグダガイ(フィリピン式・竹の棒をつかった足のマッサージ)  いらないものそぎ落とされる感が強くておすすめです。 tomatonoheta89(@)gmail.com

これから国を造っていく人たちはどんなところで学んでいるのか?

Nikki インド

ムンバイへの旅の中で、
IIT (Indian Institute of Technology)
MITのインド版みたいな??
日本でいう旧帝大みたいな。
の、卒業式(convocation)にいってみた。
お世話になっている人が卒業することもあり。


f:id:jfc_maligaya:20160816183432j:image

Uttariyaという特別な白い衣装に身をまとう卒業生たち。
学部なのかマスターなのかとかで、スカーフの色が違うみたい。
起源のおはなし:
https://dilawars.wordpress.com/2012/11/29/two-words-used-on-iit-bombay-campys-gymkhana-and-uttariya/

 

構内はおーーーきな公園みたいで、
すごくゆったりしていた。
フィリピン大をちょっと思い出した。


f:id:jfc_maligaya:20160816183457j:image

教室もひろびろしていて、コンセントがついてた。
みんなPCでノートとるのかな?
ここを舞台にした映画、3Idiotがなつかしく思い出される。

 


f:id:jfc_maligaya:20160816183511j:image

子どものハレの日、お母さんのサリーも気合が入っているのかな。
メインホールは2000人入るとのことだけど、
家族や友人まで入るには足りないので、
ほかの教室でビデオで見学でした。


学校の偉い方のスピーチは、IITの業績にもたくさん言及していた。
"We have 32 MoU with universities all over the world"
"われわれのソーラープロジェクトで多くの装置を広めた..."
"Innovation is combination of multiple technology, knowing consumer is also important"
"学生数はどんどん増えており..."
(ラフな聞き取りですいません)
自分の卒業式の時、そこまで学校の業績の話聞いた覚えがない
(覚えてないだけかもだけど)
国を背負っている学府としての誇りを感じて、かっこいいなと思った。