Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

ダイバーシティの実現による働き方改革

お知らせ転載。
おもしろそう!

────────────────────────────────
1.ここからうまれるイノベーション 連続セッション
     第一回「ダイバーシティの実現による働き方改革」のお知らせ
────────────────────────────────

京都市ソーシャルイノベーション研究所では、2016年7月から11月まで、
「多様な生き方・働き方」をテーマに、「ここからうまれるイノベーション
連続セッション」を全4回で開催しています。

今回のセッションでは、事業者・企業の方々を対象に、身体的、精神的、
社会的に働きづらさを抱えている方々の働く環境を創造し、
雇用創出のための活動を展開している、NPO法人FDAの成澤俊輔理事長に
お越しいただきます。

障がい者雇用」の法定雇用率の上昇、少子高齢化による労働者不足などから、
雇用に対する課題を抱える企業も多い中、FDAでは、「履歴書を見ない」
「仕事に人をあてがうのではなく、人をみて、その人にあった仕事を」という、
会社と雇用の常識を覆す取り組みを行っています。

FDAの取り組みは、企業の生産性の向上と高付加価値化を実現すること、
様々な働く制約がある方が、自分の特性を生かし、生活に合った仕事を
するということ、この2つを同時に実現しています。

企業側としては、FDAが持つしくみを使うことで、社内で「時間があれば
これをやりたい」と思っていた仕事に取り組め、従業員も自分たちの
やりたい仕事に集中できることから、業務効率があがり、労働の高付加価値化を
実現することが可能です。

雇用の課題を、今までと違うやり方で解決できるかもしれません。
新しいダイバーシティの可能性をぜひ探しにいらして下さい。

■日時:2016年9月13日(火)
 ・第一部 トークセッション 13時~15時
 ・第二部 個別相談会 15時半~17時(6組限定。当日受付)
■対象:①経営者層の方 ②人事・総務など雇用に関わるセクションにおられ、
 雇用のダイバーシティに向けて、組織において積極的に提案できる立場の方
■会場:日本政策金融公庫 京都支店
 〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101(アーバンネット四条烏 
丸ビル5階)
■定員:30名 ※要事前申込み、先着順
■参加費:無料
 ページ内の応募フォーマットよりお申し込みください   
■申込締切:2016年9月6日(火)
■主催:公益財団法人 京都高度技術研究所(京都市ソーシャルイノベーション研 
究所)、京都市

―◆◇スピーカー◇◆―
成澤俊輔氏 NPO法人 FDA理事長
1985年佐賀県生まれ。
先天的難病の網膜色素変性症により、20代前半で視力を失う。
幼少より視力障害による孤独感を感じ、大学在籍7年間・
ベンチャー企業での激務を経験。2013年3月には症候性癲癇となり
新たな使命を抱く。日本唯一の障がい者雇用分野の当事者・
福祉の専門家・経営者という三つの立場を生かし、
「世界一明るい視覚障害がい者」として活動中。
現在障害者雇用に力を入れる特例子会社アイエスエフネット
ハーモニー事業部長、NPO法人FDA理事を兼任。2016年8月1日理事長へ就任。

■お問合せ:
京都市ソーシャルイノベーション研究所
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
tel : 075-366-5527  fax : 075-366-5529
mail : silk[☆]astem.or.jp ※[☆]を@に置き換えてお送りください
担当:山中・川勝


────────────────────────────────