Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法律、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

身近なところで体質を知るには アーユルヴェーダ薬局とつげき


近所のアーユルヴェーダ薬局で
相談ができるとのことで行ってみた。
お医者さんが非常駐なので
予約がいるとのこと。

金曜夜に予約のため電話
>土曜朝、夜と日曜の夜に多分いるよ

土曜日朝電話
> 今日夜ね
>Ok
 夜訪問
>今日行けなくなった。明日夜ね
>Ok. ..

日曜日夜訪問
>先生今日来ないよ。月曜の7時半に来て
>仕事やねんけど。。
てか昨日先生に電話したら
今日来るてゆうてたで
>うーん。先生に電話かけてみるか。
ちょっと待って
ーーー10分後くるって。
>  おお。ありがとう。
そんなで30分後くらいに到着。

前置きが長くなりましたが。


脈診がはじまる。
先生の手がやわらかで、
脈をみるのに手首を触れられているだけで
なにか癒される気がする。

f:id:jfc_maligaya:20160217010218j:image

いま読んでる本*によると、
脈診によってドーシャ(心身を動かす3つの力)の乱れ、様子を感じ取ることで、
ドーシャのバランスが
自動的に調整されるみたい。
ヨガで自分を観察するのと似てる。
*ファンタスティック アーユルヴェーダ 蓮村奮 2002 星雲社

私のプラクリティ(元の体質で強い力みたいなの)はピッタらしい。
特に問診なくて、脈だけで判断してはった。
本読んだとき、自分ではヴァータとカパの融合かと思ったけど真逆だ。。笑

食べないべきものがやたら多い。
鳥以外の肉。マトンだめ。
たまごだめ。
ジャンクフードだめ。
モモもだめ。モモはあっさりしてていいと思ってたが。。
バナナだめ。
マンゴーだめ。
チャイだめ。
ジュースだめ。


私の身体にとってokなのは
野菜
上記以外の果物
ミルク砂糖なしのお茶、コーヒー
改めて書いたら誰でもそうやろって内容の気もする。笑

身体が重い- -; と相談してたら
3つ薬でた。。多い。。
アーユルヴェーダはひとつの薬で全部の成分カバーしてないから、やって。
ふーん。納得なような、むしろ色々入ってそうな。

診察200ルピー
おくすり3つで600ルピー

気分が上がらないとか相談したらどんな提案があるんだろうか。
基礎的な勉強とかマッサージ習えるとこあるんだろか。
また話ききにいきたいな。