Living Diversity

インド仕事・生活・旅の記録、メンタルヘルスに関する話題など。いろんな文化ごちゃまぜのところが好きです。 ケアする人のケア&当事者研究、アロマ、タッチング、 多様性がいかされる場  ひとがどうやって元気を回復していくか? が関心ごとです からだほぐし、出張したり介護施設でお手伝いしたりしておりました。 *ダグダガイ(フィリピン式・竹の棒をつかった足のマッサージ)  いらないものそぎ落とされる感が強くておすすめです。

◼︎ミャンマーひとりたびday1の1 風景

ミャンマーの人たちの朝は早く感じた。
6時くらいに目が覚めたら、バスの音。もう、人が歩いてる。屋台で朝ごはんをやっている。托鉢をしてる僧たちの姿も。
宿からボータタウンパゴダまで歩く。
9月後半、雨季が終わり、ひんやりとした風が心地よい。
 
パゴダの近くの屋台で朝ごはん。モヒンガー。お米の麺。魚(なまずってガイドブックに書いてた)のスープ、パクチー、イチャーコイ(中国にありそうな、揚げた油麩みたいなの)をカットして入れてくれる。辛くないけどスパイシー。ベトナムやらタイの料理ようで、少し違う。おいしい。400チャットなので、40円くらい。あたたかいお茶が、テーブルに常備されている。ふう〜。
こういう、アジアの朝方の風景が大好き。
メイク、もっとアジアぽく(?)するといいかも、とふと感じる。
f:id:jfc_maligaya:20150923133022j:plain
 
識字率高く、屋台でゆっくりしながら新聞読んでる人も多い。これはフィリピンとかでは見なかった気がする。これから外国語できる人増えたらますます伸びそう、この国。
 
パゴダの周りにお供え物が売っている。
バナナとココナッツでできてる。
バナナとココナッツは平和を意味している、と何処かでみたような。わすれちゃった。
ココナッツに銀や金の包みがされているものも。ほんとにあちこちキラキラだわ。
f:id:jfc_maligaya:20150923133115j:plain
ボータタウンパゴダは、中がギザギザみたいな構造。ギザギザの角のスペースで、一人ひとり、お祈りしている。
f:id:jfc_maligaya:20150923133045j:plain
 
僧のひとりから、お布施(?)くださいな、の仕草があってちょっとドキドキ。いくらお渡ししたらいいのかわからなかったけど、、気持ちばかり。
一般人は修行に集中できないから、集中している僧に、委ねている感じ?僧は集中してて働けないから、一般人に経済的に頼る部分がある、という持ちつ持たれつだ、みたいなことをどこかで読んだ。
 
褐色の服を着たおばあちゃん(尼さんなの?か、わかんない。。)が、お参りの仕方?を教えてくださった。土曜日のナーガにお水をかける。
 
ボータタウンパゴダは、2500年前に
8人の僧がインドから仏陀の遺品を持ち帰り、安置したことから始まるらしい。ボータタウンは、1000人の兵士を意味して、僧を守った。1943年にww2の爆撃で崩れたので、再建したもの。
ミャンマーの仏像、後ろに電飾がキラキラで、最初驚いたが、後光を表現してるらしい。
 
バスに乗ってみたいと思い、観光案内所へ聞きにゆく。
日本語新聞をくれた。現地のビジネス状況やら、たくさんの日本料理屋の広告。某予備校も出てる!駐在さんの子どもたち、増えてるのかな。
 
バスの番号もミャンマー語しかないので、行き先と番号をミャンマー語、英語で書いて下さった。
 
フィリピンだと、女性に席を譲るけど、男性が積極的に座ってる印象を受けた。
 
ヤンゴン大学の近くで降りて、ひたすら歩いてアウンサンスーチーさんの住居へ。インヤー湖の近くに佇んでいる。特に豪華な印象とかはなく。NLDと大きく貼っていた。
近くには大使館が多かったのは、何かか関わってるのかな。
f:id:jfc_maligaya:20150923133156j:plain
歩き疲れたので、lake view を押し出してるレストランへ。高い!(◎_◎;) のでデザートだけにした、、笑
マンゴーパフェ1600円やで、、でも湖きれいやった〜
f:id:jfc_maligaya:20150923133223j:plain
また歩くも、さすがに歩きとバスでは周りきれないと諦めてタクシー。
 
チャウタッヂーパゴダへ。
寝仏。優しい口元。柔らかだけど鮮やかな紅色。長いまつげ。硝子の目。
高さ17m,高さ70m.
最初は1907年に地元の有力者ボーターさんが寄進して建てたらしい。当時イギリス植民地下で、インドと併合されてて、インド人が作ったが、ミャンマー風じゃない!と、評判が悪く、戦後に作り直したとか。
f:id:jfc_maligaya:20150923133309j:plain
タクシーの運ちゃんたちに、インド人の印象聞いたが、人それぞれな感じやった。嫌いな人は、アグレッシブだから、みたいな。。
インド人街行きたいというと、認識してない人も。なんとなくのエリアだからかな。入り口とか無いし。外国人が勝手に概念を作ってるだけなのかも。
 
チャウタッヂーで、ココナッツのモチモチしたおやつを買う。いろんなの味見させてくださった。
f:id:jfc_maligaya:20150923133336j:plain
昼寝する人、祈る人、お弁当食べる人、のんびりまったりするカップル。お弁当箱がインドと同じだ。
ぼやーっとしてたら、案内人に、足はだらんとしてもいいけど仏像の方向には向けないでください、と注意を受ける。失礼しました>_<
 
足裏に、仏教の世界観のレリーフ。animate, Inanimate,ともう一つに分かれる、と書いていた。いまいち意味がつかめず(´・_・`)
f:id:jfc_maligaya:20150923133405j:plain
 
 
 
●ごちゃ混ぜミャンマーシリーズ●
<旅日記>
ミャンマーひとりたび day0 のびやかに 
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/132225
ミャンマーひとりたびday1の1 風景 
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/133417
ミャンマーひとりたびday1の2 偶然に身を任せ、尋ね。
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/133807
ミャンマーひとりたびday1の3 シュエダゴンパゴダ
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/134609
ミャンマーひとりたびday1の4 はたらく日本人
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/140037
ミャンマーひとりたびday2 チャイティーヨー、黄金の岩
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/151031
ミャンマーひとりたびday3 色んな意味で、身体感覚...
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/151457
<旅の前>
ミャンマーたびの準備。オンラインビザ申請、1日でとれちゃう、スピーディ!
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/08/30/220340 
ミャンマーのなぞ、歴史、経済
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/08/30/224925
ミャンマー 早分かり本 読書メモ
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/18/222625