読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living Diversity

いろんな文化ごちゃまぜのところが好きです。 ケアする人のケア&当事者研究、アロマ、タッチング、 多様性がいかされる場  ひとがどうやって元気を回復していくか? が関心ごとです からだほぐし、出張したり介護施設でお手伝いしたりしておりました。 *ダグダガイ(フィリピン式・竹の棒をつかった足のマッサージ)  いらないものそぎ落とされる感が強くておすすめです。 tomatonoheta89(@)gmail.com

北インド旅準備 

なんやかんやで再来週インドです。
はやい・・・まだなにもインドのこと知らない気がする。。

どきどきわくわくです。

いつも旅するとき飛行機とか宿とか自分でやるので、今回もそうしようかと思ってたのですが、一人でいくのと、交通機関が遅れて帰れなくなったりしたらまずいので、旅行会社さんに頼んでみることにしました。それはそれで、慣れなくてドキドキ。

最初は頼むかどうかはおいといて、自分の旅程案が妥当なのか見極める意味でも2社見積もり。

電車の予約やら、自分は見通しが甘かったことを痛感><

安全第一ってことで結局色々お願いしちゃいました。

ほかにインド行かれた方の旅行記みてるとなんとかなるっちゃなりそうだけど、冒険は2回目以降にしようかと。

旅行会社さんがどんな風にサービス提供してるのかも垣間見えて面白いです。

 

【旅行会社さんのいいなと思ったところ】

・見積もり依頼してその日のうちに返信あり

いろんなケースを見てるから見立ても早いし、

やはりはじめが早いと利用する側も安心感があるかなと。

その日に返信くるのが、日本の消費者からしたら当たり前なのかもしれないけど、

ちゃんと出来てるのがすごいと思う。

私が普段のメール返信遅すぎるので、ずれてるかもですが・・・

・最初の返信で大まかな金額の記載がある

これはあるかないか分かれましたが、あったほうが断然助かる。

最初から価格提示してる会社のほうが安かったです。

インドの人が経営してるからかな?

日本人の会社だと、現地に依頼するのにお金もっとかかるから、高くなるのかな。

あと人件費と。インドの人めっちゃ日本語メール上手。

私より敬語の使い方とかきれいじゃないでしょうか(!?)

・車つけてもらえるので、フライトが深夜でも大丈夫だし、

長距離も車で移動すると電車にのれなかった!とかがなくてありがたい。

 

【どんな風に見積もり送ったか】

私から記載したのは

・今回の旅でしたいこと(後輩訪問、バラナシで朝日をみたい、アーユル、ヨガなど)

・必ず行きたいところ

・できれば行きたいところ

・フライト情報

でした。

 

【最初に私が立ててた無謀プラン】

1日目 デリーぷらっとしてグルガオンの後輩のところにおじゃまして

2日目 の昼ぐらいにアグラにいって

    夜行でバラナシいって

3日目 バラナシでぼーっとして

    夜行でハリドワールいって

4日目 ハリドワールからリシケシいって

    リシケシで一泊して

5日目 デリーに帰ってきて、夜の飛行機で日本へ

 移動で終わってしまう感じになるらしい・・・やはり詰め込みすぎたか

 

【実際に行くことになったプラン】

0日目 深夜デリー着。専用車にて宿泊先へ

1日目 グルガオン後輩のとこへ あとでデリーに戻る

    グルガオンはホテル高いらしい。8000円くらいとか言われたんですが・・・

    外国人が多いからかな

2日目 アグラへ 夜行列車にてヴァラナシへ。 

3日目  ヴァラナシ着。終日ヴァラナシ&仏教の聖地サルナート観光

4日目 ガンジス川のボート観光後フリー。夜行列車にてデリへ。

5日目  デリーもどる。ヨガとアーユルとぷらぷら観光。

    あと友達とごはん。うまくいきますように

     深夜 フライト

 
じぶんをゆるめるたびにしたいなーと思います。

アーユルヴェーダ楽しみ!!

パンジャビードレス着たい!!ゆるっと~~

バラナシで私のあたまとからだがどうなるかたのしみ。

どきどき。

 

 

●2014夏・北インド旅シリーズ●
北インド旅準備 
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2014/08/02/162336
インドビザ代行会社利用レビュー
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2014/07/23/065747
ガンジス川にはいったら何を感じたのか
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2014/09/11/230249

●おまけ?2015はミャンマーひとりたび●
http://1234567.hatenablog.jp/entry/2015/09/23/132225